新型コロナウィルス対策についての町長メッセージ①

町民の皆様におかれましては、日頃から本町のまちづくり、地域活性化にそれぞれの立場でご理解、ご尽力を賜り深く感謝申し上げます。

今回の新型コロナウイルス対策に対し本町では、

2月28日に役場の各課長で構成する「第1回新型コロナウイルス対策本部」を開催し、各種イベント・行事等についての対応を協議するとともに、小中学校の臨時休校対策について話し合いました。

3月5日の第2回会議では、3月4日県内初めての感染者の確認を受けて、自治公民館行事等に対し3月末までの「自粛要請」を決定いたしました。そして、小中学校の休校期間中の受け皿として、放課後児童クラブの開設時間を8時から18時までの時間延長を決めました。また、学校体育館や町有施設の使用制限についても検討いたしました。

3月11日の第3回及び3月24日の第4回会議では、本町で備蓄しているマスクの町内医療機関、保育所等への配布、体育施設の利用制限、経済対策、上米公園の桜まつり、4月以降のイベント・行事等について等々協議し、町民の皆様には、ホームページ・回覧等を通じてお知らせしたところです。

昨日、県内では、12例目が発生するとともに、国では「緊急事態宣言」が発令されました。このことを受けて、本町でも危機感を持って行動しなければならないと考えます。知事からのメッセージにありますように、町民の皆様には下記のことに十分配慮するようお願いいたします。

手洗い、咳エチケットの励行

三つの「密」を避けること。(①換気の悪い密閉空間 ②多数が集まる密集場所 ③間近で会話や発声をする密接場面)

東京と大阪、福岡など感染が拡大している地域への不要不急の往来の自粛

 

本町では、4月以降のイベント・行事等については、県の方針に基づき「自粛」ではなく、「注意喚起」を呼び掛けているところです。しかし、遠方からの往来がある「早馬まつり」は中止しました。また6月の「ものづくりフェア2020」については、10月に延期としました。町民の皆様には、当分の間、不自由をお掛けしますが、国難と言われる新型コロナウイルスの蔓延ですので、心を一つにして乗り越えていきましょう。なお、生活支援、経済対策については、国、県の動向を踏まえて適切に対処してまいります。

 

令和2年4月8日  三股町長 木佐貫 辰生

 

このページに関するお問合せ先