子宮頸がん検診(集団検診)のお知らせ

子宮頸がん検診(集団検診)について

宮崎県は、子宮がんが原因で亡くなる人の割合が全国に比べて高い状況にあります。子宮がんにかかる人の割合も高く、30歳代~40歳代で増加傾向にあります。
がんになるリスクや死亡リスクを減らすためにも20歳以上の人は、2年に1回、定期的に子宮がん検診を受診しましょう。

1.対象者

三股町にお住まいの20歳以上の女性で和暦で奇数年生まれの人

(例:平成11年、昭和51年など)(平成15年4月1日以前に生まれた人)

 

※加入している健康保険に関係なく、受診できます。
※生理中で出血量の多い人は正確な判定ができない場合がありますので、できるだけ受診は避けてください。
※妊娠中又は妊娠疑い、不明の人は受診できません。 

2.検診内容

・問診

・視診

・細胞診

視診

膣鏡という器具を膣内に挿入して、子宮頸部を観察します。

細胞診検査

ブラシなどで子宮頸部をこすり、細胞を採取します。 

3.日程・場所

日程

◎8月16日(火)  【午前】9:00~10:00  
◎8月16日(火) 【午後】13:30~14:30

◎12月6日(火)【午前のみ】9:00~10:00 

◎令和5年2月1日(水)【午前のみ】9:00~10:00

※予約が必要です。午前と午後に分けて予約をとっています。

場所

三股町健康管理センター
※子宮がん検診車がきます。

4.自己負担料金

1,500円 


※ただし、次に当てはまる人は自己負担料金が免除になります。

1.生活保護世帯の人

福祉課 社会福祉係で生活保護世帯である証明書の交付を受けて、検診当日に持ってきてください。

2.75歳以上の人

保険証を持ってきてください。

3.子宮がん検診 無料受診券(クーポン券)対象の人

クーポン券と身分証明書を持ってきてください。
クーポン券対象:平成13年4月2日~平成14年4月1日生まれ(令和4年度中に21歳になる人)

5.その他

1日に受診できる人数には限りがありますので、受診を希望する人は、事前に必ず予約をお願いします。
検診車で検診を受けるのが不安な人は、医療機関(※集団検診と自己負担額が異なります。)でも受診できます。                       病院で受ける場合には、下記へ予約をして受診してください。

いそいち産婦人科医院(22-4585)                     すみ産婦人科医院(23-1152)                       武田産婦人科医院(22-0336)                       中山産婦人科医院(23-8815)                       北原医院(22-4133)                           野田医院(24-8553)                           丸田医院(23-7060)
 
~ 月経(生理)以外に出血がある、閉経したのに出血がある、月経が不規則などの症状がある場合は、検診を待たずに医療機関を受診しましょう ~

このページに関するお問合せ先