子ども医療費助成制度

 高校入学前までの子どもが健康保険を使って医療機関(病院や調剤薬局など)にかかったときの医療費や、治療用装具を作ったときの自己負担分の費用を助成します。

1.対象になる人

町内に住所がある、乳幼児~中学3年生

※以下の方は助成の対象になりません

×生活保護法の保護を受けている人
×児童福祉法、母子保健法等の法令により、医療費の全額を助成されている人

・一部、併用可能な医療費助成(育成医療・小児慢性特定疾病医療費助成など)もあります。詳しくはお問い合わせください。

2.助成内容

(1)乳幼児について

保険診療分の医療費が無料になります。なお、高額療養費や付加給付がある場合は、その分を控除した額となります。

(2)小学生について

①外来:医療費の一部を助成します。

 自己負担は、1診療報酬明細書ごとに1,000円(1医療機関1保険者ごとに1人ひと月最大1,000円)となります。

※1診療報酬明細書とは

1医療機関につき、1人ひと月1枚作成される診療記録で、通称「レセプト」といわれます。レセプトとは、入院・外来ごと、健康保険ごと、総合病院等においては医科・歯科・調剤(薬)ごとに1枚作成されます。

ただし、薬局においては、処方せん発行元の医療機関ごとに分けて作成されます。

②入院:無料

ただし、入院時の食事代やベッド代差額等は自己負担です。

※入院や手術等で、医療費が高額になりそうなときは、保険者から前もって「限度額適用認定書」の交付を受けてください。詳しくは、保険者へお問い合わせください。

(3)中学生について

入院にかかる医療費が無料になります。

入院された場合は、一旦医療費を自己負担していただき、1年以内に払い戻しの手続きをしてください。

※中学生の外来にかかる医療費の助成はありません。

助成ができないもの

×保険外診療分
(入院時の食事負担金、室料差額、おむつ代、薬の容器代、予防接種、検診など。)

3.助成をうけるには

 宮崎県内で受診する場合は、医療機関等の受付窓口に、健康保険証とともに『子ども医療費受給資格者証』(黄色)を提示することで、医療費の助成が受けられます。

『子ども医療費受給資格者証』の申請に必要なもの

全員必要なもの

●印鑑
 ・シャチハタ不可

●子どもの保険証

該当する方のみ必要なもの

●預金通帳またはキャッシュカード
 ・第一子の方
 ・転入してこられた方
 ・兄、姉が三股町で乳幼児医療費助成を受けたことがあるが、すでに指定している口座以外を指定したい方。
 ※保護者名義のもの
 ※ゆうちょ銀行の場合、全銀システムが済んだもの

●所得課税証明書
 ・申請年の1月1日に三股町に住所がなく、
  申請年度中に3歳以上になる乳幼児がいる場合

4.払戻しの手続きについて

次のような場合は払戻しの手続きが必要です

1.    子ども医療費受給資格者証を提示せずに受診したとき
2.    宮崎県外の保険医療機関で受診したとき
3.    治療用装具を作製したとき

申請書の提出方法

1か月の間に診療を受けた医療機関ごとに、
医療機関にて「医療費助成申請(請求)書」に記入をしてもらい        
福祉課児童福祉係に提出してください。

※領収書の添付でも可能です。
※申請書を提出する際には、印鑑・受診者の保険証が必要です。
※診療月の翌月から1年以内の提出が有効となります。ご注意ください。

5.各種申請

次のような場合は、福祉課児童福祉係の窓口に届出をして下さい。

健康保険証に変更があった

●必要な届出
  変更届
●もってくるもの
 ・印鑑
 ・子ども医療費受給資格者証
 ・(新しくなった)保険証

住所、氏名が変わった

●必要な届出
  変更届
●もってくるもの
 ・印鑑
 ・子ども医療費受給資格者証

口座を変更した

●必要な届出
  変更届
●もってくるもの
 ・印鑑
 ・子ども医療費受給資格者証
 ・(変更したい口座の)通帳、もしくはキャッシュカード

三股町外へ引っ越した

●必要な届出
  喪失届
●もってくるもの
 ・印鑑
 ・子ども医療費受給資格者証

生活(医療)保護を受給するようになった

●必要な届出
  喪失届
●もってくるもの
 ・印鑑
 ・子ども医療費受給資格者証

こどもが死亡した

●必要な届出
  喪失届
●もってくるもの
 ・印鑑
 ・子ども医療費受給資格者証

こどもを扶養しなくなった(施設入所や、別な人が扶養するようになった)

●必要な届出
  喪失届
●もってくるもの
 ・印鑑
 ・子ども医療費受給資格者証

乳幼児医療費受給資格証をなくした、やぶれた、よごれたなど

●必要な届出
  再発行届
●もってくるもの
 ・印鑑

6.医療機関の適正利用にご協力ください

1. 診療時間内の受診を心がけましょう
2. 安易に受診をしないようにしましょう
3. かかりつけ医等をもちましょう
4. 小児救急電話相談の利用を考えましょう
   ・「#8000」(シャープ8000)  
   ・「0985-35-8855」(ダイヤル回線)
5. 後発医薬品(ジェネリック医薬品)を活用しましょう

このページに関するお問合せ先