地域住宅計画、社会資本総合整備計画及び事後評価の閲覧について

 

「地域住宅計画」及び「社会資本総合整備計画」について

地域住宅計画

 地域の実情に応じた住宅施策を推進することを目的とし、地方公共団体は、地域における多様な需要に応じた公的賃貸住宅等の整備等に関する特別措置法(平成17年6⽉29⽇法律第79号)に基づき「地域住宅計画」を作成することができます。
また、平成17年度には、地方公共団体による住宅政策の推進を国土交通省が総合的に支援する制度として、公営住宅整備事業等の既存の補助金を一つの交付金にまとめた、地域住宅交付金制度が創設されました。(地域住宅交付金制度は平成21年度末に廃止)

社会資本総合整備計画

 平成22年度には、地域住宅交付金制度を含む国土交通省所管の地方公共団体向けの個別補助金や交付金を一括した、自由度が高く、創意工夫が活かせる総合的な交付金として社会資本整備総合交付金が創設されました。
地方公共団体が、交付金を充てて事業を実施するためには、地域住宅計画に基づく事業等を位置づけた「社会資本総合整備計画」を作成する必要があります。
また、計画期間終了後には取り組み状況等について「事後評価」を行います。

  ※計画の内容は、宮崎県(公営住宅)のホームページで公開しています。

 

社会資本総合整備計画の事後評価(前計画)について

  ※事後評価の内容は、宮崎県(管理課)のホームページで公開しています。

 

計画及び事後評価の閲覧について

「地域住宅計画」、「社会資本総合整備計画」及び「事後評価」は、下記の場所で閲覧できます。

閲覧場所

三股町役場 都市整備課 (三股町役場 2階 3番窓口)

閲覧時間

月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時 (閉庁日を除く)

このページに関するお問合せ先
住まい