長田峡

三股町 2017年5月3日

大八重地区の乱れ淵から梶山地区の矢ヶ淵まで10kmにも及ぶ峡谷です。県道33号線沿いの駐車場からわずか30秒ほど歩くと、ちょっとした癒やしの空間を体感できます。

鰐塚山系の豊富な地下水、鳥のさえずりと新緑や紅葉など季節の移ろいを楽しめ心身のリフレッシュに最適です。カッパの伝説も残っています。

 

 2016年に、一年を通して外国人観光客も楽しめるよう、本公園を外国人誘客拠点施設と位置づけ、国の補助金を活用して新たに50本のモミジを植栽しました。花と緑と水のまち、三股町の四季折々の景色をお楽しみください。

 

【初夏】

 

カッパ伝説

当地方では、河童を「がぐれ」「ガラッパ」と呼び、町内にも数多くの河童伝説が残っています。この辺りでは、昔々、悪賢い御崎猿といたずら好きな「鳥井が平がぐれ」がいつもケンカばかりしていました。そのことを憂えた御崎大権現は、猿から悪知恵が働く頭の毛3本を抜き、がぐれのバカ力が出ないように頭の皿を穴の開いた皿に付け替えました。それからというもの、両者ともおとなしくなって、ここ長田峡で静かに暮らしているそうです。

カッパのオブジェ

カッパ伝説も残っていることから、2017年3月に町内の陶芸家が製作した「カッパのオブジェ」を設置しました。長田峡公園内には14体あります。どこに潜んでいるのか、ぜひ探してください。

宮陶作】

【三股焼紫麓窯作】

生楽陶苑作】

陶工房こころ作】

 

住所
三股町大字長田6580-1
駐車場
40台 大型バス1台可
トイレ
有 (洋式有り、おむつ交換台無し)
入場料
無料
お問い合わせ先
産業振興課 tel 0986-52-9085
地図