【新型コロナウイルス感染症関連】国民健康保険税や介護保険料の減免申請を受け付けます。

新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少した世帯とその世帯にいる65歳以上の人の、国民健康保険税や介護保険料の減免申請を受け付けます。ただし、減免には条件があります。三密を避けるため、郵送での申請が原則です。また、減免に関する相談は電話で受け付けます。

■対象者

①新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡、または重篤な傷病を負った世帯

②新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者の収入が次の条件をすべて満たす世帯


 ア.不動産収入、事業収入、給与収入、山林収入のいずれかが前年に比べて3割以上の減少が見込まれること

 イ.前年の所得合計額が、1000万円以下であること(国保税減免の場合のみ)

 ウ.前年のア.以外の所得合計額が400万円以下であること

 ※年金収入など固定的な収入のみの人は対象ではありません。

 ※株式などの譲渡や配当などの減収は含みません。

 ※介護保険料の減免は、①または②と同じ世帯にいる65歳以上の人が対象です。

■減免額の算定

対象者①・・・全額免除

対象者②・・・前年の合計所得金額によって、全額免除または一部を減額

国民健康保健税

保険税の減免額は、減免対象保険税額(A×B/C)に減免割合(d)をかけた金額です。

【減免対象保険税額(A×B/C)】

 Aは、世帯の被保険者全員について算定した国民健康保険税額です。

 Bは、世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入に係る前年の所得額です。

 Cは、主たる生計維持者及び世帯の被保険者全員の前年の合計所得金額です。 

※主たる生計維持者が現行の非自発的失業者の保険税減免制度の対象となる

場合は、減免を行いません。非自発的失業者の給与収入の減少に加えて、その他

の事由により事業収入等の減収が見込まれる場合については、減免の対象となる

場合がありますので、お問い合わせください。 

【減免割合(d)】

 主たる生計維持者の前年の合計所得金額によって次のように算定します。

 ・300万円以下の場合・・・・・・・・・・・・・・・・全部

 ・300万円を超え400万円以下の場合・・・・・・・・8割

 ・400万円を超え550万円以下の場合・・・・・・・・6割

 ・550万円を超え750万円以下の場合・・・・・・・・4割

 ・750万円を超え1,000万円以下の場合・・・・・・2割

 ※主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合には、前年の所得にかかわらず、対象保険税額を全額免除します。

介護保険料

保険料額 × 主たる生計維持者の減少が見込まれる事業収入等の前年合計所得金額 / 主たる生計維持者の前年の合計所得金額 × 減免割合(e)

※介護保険料の減免の計算は、主たる生計維持者の所得を元に算定した減免割合を、被保険者全員に適用します。

【減免割合(e)】

 主たる生計維持者の前年の合計所得金額によって次のように算定します。

 ・210万円以下の場合・・・・・・・・・・・・・・・・全部

 ・210万円を超える場合・・・・・・・・・・・・・・・8割

 ・前年の所得にかかわらず、事業等の廃止、失業の場合・・全部

ただし、令和2年度相当分の保険料額であって、令和2年度末に資格を取得したことにより、令和3年4月以降期間に普通徴収の納期限が到来する減免を申請される場合は、下記の通りとなります。

【減免割合(e)】

 主たる生計維持者の前年の合計所得金額によって次のように算定します。

 ・200万円以下の場合・・・・・・・・・・・・・・・・全部

 ・200万円を超える場合・・・・・・・・・・・・・・・8割

 ・前年の所得にかかわらず、事業等の廃止、失業の場合・・全部

 

■必要書類

① 国民健康保険税減免申請書または介護保険料減免申請書

② 事業収入等申告書

③ 主たる生計維持者の令和3年1月から申請月の前月までの収入などが分かる書類(月別の売上台帳、給与明細など)の写し

④主たる生計維持者の令和2年1月から12月までの収入などが分かる書類(月別の売上台帳、給与明細など)の写し

⑤ 申請者の本人確認書類の写し

⑥ 委任状(世帯主以外が申請する場合)

⑦ 通帳の写し(金融機関名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義人が確認できるもの)

※新型コロナウイルス感染症の影響により退職したことによる申請の場合、別途「退職理由証明書」の提出を依頼する場合がありますので、ご了承ください。

■窓口

郵送での申請が原則ですが、それが困難な人のために窓口を設置します。

【日時】午前9時~午後5時(正午~午後1時を除く)(※土、日、祝日は除く)

【場所】役場⑤番窓口(住民税係)

※確定申告時など状況によっては、窓口を変更する可能性もありますのでご了承ください。

■注意事項

・虚偽の申請その他不正な行為により保険料の減免を受けた場合は、減免を取り消します。

・減免申請の期限は、令和4年3月31日までです。令和4年4月1日以降の申請は無効となりますので、注意ください。

添付ファイル
06_委任状.docx (WORD形式 17KB)
06_委任状.pdf (PDF形式 26KB)

PDFファイルを見るためには、Adobe Reader(アドビリーダー)をインストールする必要があります。
以下のアイコンをクリックしてAdobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。

Adobe Readerのダウンロード
このページに関するお問合せ先