(農業者のみなさまへ)令和2年度高収益作物次期作支援交付金の受付を行います

新型コロナウイルスの影響による需要の減少により市場価格が低落するなどの影響を受けた野菜・花き・果樹・茶等の高収益作物について、次期作に前向きに取り組む生産者の皆さんを支援します。

なお、申請された場合でも、国の審査により、採択されない可能性がありますのでご了承ください。

交付金の対象となる生産者

(以下①~③の全ての条件を満たす方)

①令和2年2月から4月(※1)の間に野菜、花き、果樹、茶について、出荷実績があり価格低迷などの影響を受けた生産者、または廃棄などにより出荷できなかった生産者。
②収入保険・農業共済などのセーフティーネットに加入していること、または加入を検討する生産者。
③令和2年4月30日以降に国の定める次期作への取り組みを行った生産者。

※1:今後、国による内容変更により、令和2年5月以降の出荷分も対象になる可能性があります。該当のある方はご相談ください。

交付金の対象となる取り組み

①次期作に前向きに取り組む生産者への支援

5万円/10㌃【中山間地域などでは5.5万円/10㌃】
80万円/10㌃【施設栽培(花き、大葉、わさび)】

25万円/10㌃【施設栽培(マンゴー、おうとう、ぶどう)】 
(※2)が交付される取り組み

(以下から二つ以上を実施することが条件。個別案件ごとに別条件もあります)
ア 生産・流通コストの削減に資する取り組み
イ 生産性又は品質向上に要する資材等の導入に資する取り組み
ウ 土づくり・排水対策等作柄安定に資する取り組み
エ 作業環境の改善に資する取り組み
オ 事業継続計画の策定の取り組み

②需要促進に取り組む生産者への支援
2万円/10㌃【中山間地域などでは2.2万円/10㌃】
(※2)が交付される取り組み

(以下から一つ取り組むごとにそれぞれ交付金対象となります。最大三つまで取り組み可能)
ア 新たに直販などを行うためのHPなどの環境整備
イ 新品種・新技術導入などに向けた取り組み(宮崎県知事が定めたものに限る)
ウ 海外の残留農薬基準への対応または有機農業、GAPなどの取り組み

③厳選出荷に取り組む生産者への支援
【定額支援:2,200円/1人・1日】
(※2)が交付される取り組み
※2:交付金額については、国による第2回公募時の金額です。申請日時点で、交付金額が変更になる可能性がありますので、ご留意ください。

・対象品目=露地花き、茶、施設栽培の大葉、施設栽培のわさび、施設栽培のマンゴー、施設栽培のおうとう、施設栽培のぶどう

・支給対象=コロナウイルス感染症対策として地域の生産部会などの取り決めに基づいた、品質の高いものに限定して生産・出荷するなどの追加的作業を行った場合が対象条件です。令和2年2月以降、新型コロナウイルス感染症の影響がなくなり厳選出荷の取組を終了した日、又は対象品目の出荷を終えた日のいずれか早い日までが対象期間となります。

申請窓口

①JA都城組合員でJA都城に出荷実績のある方
   JA都城で申請の取りまとめをしますので、以下までお問い合わせください。
    なお、対象者には、JA都城より別途案内が郵送されます。
     お問い合わせ先:JA都城 園芸課 電話0986-38-6691

②JA組合員以外の方、またはJA都城組合員でJA都城に出荷実績のない方
    三股町農業再生協議会で申請の取りまとめをします。

申請受付(三股町農業再生協議会で申請される方)

【日時・場所】
・7月15日(水) ・三股町役場4階第2会議室
    9:30~11:30
   13:30~16:30 
・7月16日(木) ・ 三股町役場4階第2会議室
    9:30~11:30
  13:30~16:30
・7月20日(月)・ 三股町役場4階第1会議室
    9:30~11:30
  13:30~19:30 
・7月21日(火) ・ 三股町役場4階第1会議室
   9:30~11:30
 13:30~19:30

※郵送で申請書類が届いた方については、なるべく指定期日にお越しください。

申請に必要な書類(三股町農業再生協議会で申請される方)

 対象となる見込みの方には、三股町再生協議会から必要書類一式を7月初旬までに郵送します。JA都城での申請対象者については、三股町再生協議会から書類が届いた場合でも、JAからの案内内容に従って手続きをお願いします。書類が届かない方は三股町農業再生協議会までご連絡ください。

・ 受付票(その1~5)    
・ 申請者の印鑑  
 (認め印で構いませんが、シャチハタは不可) 
・ 申請者本人名義の通帳   
    表紙とその次のページのコピーをとります 
・ 令和2年度 ほ場一覧表
・ 申請者本人名義の出荷伝票の写しまたは廃棄を証明する書類
  (令和2年2~4月分)
・作業日誌 
  (令和2年4月30日以降の取り組み分。収穫後にも改めて提出が必要)
・ 申請者本人名義の納品書または領収書などの写し
  ( 令和2年4月30日以降の取組み分。申請時に準備できない方は要相談) 
・農家台帳の写し(三股町以外の農地がある場合)
    その土地が所在する市町村農業委員会で1部とってください(要手数料) 
・その他必要な書類
  (国用提出書類【申請書・取組計画書ほか】、施設写真、契約書の写し、証拠写真など)

申請締め切り(三股町農業再生協議会で申請される方)

 7月21日(火)午後7時30分

添付ファイル

PDFファイルを見るためには、Adobe Reader(アドビリーダー)をインストールする必要があります。
以下のアイコンをクリックしてAdobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。

Adobe Readerのダウンロード
このページに関するお問合せ先