非違行為(酒気帯び運転)による職員の処分について

職員の酒気帯び運転の処分について、令和2年6月22日付けで、地方公務員法第29条に規定する懲戒処分を行いましたので、次のとおりお知らせします。

これまで、交通法規の遵守や飲酒運転の防止について、常々、注意喚起してきたところですが、本町職員の酒気帯び運転が判明したことは、誠に遺憾であり、町政に対する町民の皆様の信頼を裏切る結果をまねき、心よりお詫び申し上げます。
今後は、このような事態を再び起こさないよう、服務規律の遵守のための取り組みを徹底し、職員一丸となって、町民の皆様の信頼の回復に努めてまいります。

                                                                       三股町長 木佐貫 辰生

1 所属課       都市整備課

2 職位          課長補佐

3 年齢・性別  50代 男性

4 事案概要   当該職員は、令和2年6月4日、自家用自動車で役場に出勤

                         したところ、酒の臭いがすることに上司が気付き、アルコ

                         ールチェッカーで調べたところ、呼気から基準値を超える

                         アルコールが検出された。

5 処分内容   停職1箇月

6 処分理由   当該職員は、令和元年12月に同じように、酒の匂いがした

                          ため所属長が、不定期ではあるが計測を行っており、今回

                          6月4日に基準値を超えるアルコールが測定された。

                          また、当該職員は過去に2回、道路交通法違反(酒気帯び

                          運転)で検挙され、罰則と行政処分を受けていることが確認

                          された。

7 処分年月日  令和2年6月22日(月曜日)

8 その他        【管理監督者責任】として、懲戒処分ではありませんが、

                          以下のとおり処分しました。

                  都市整備課長(訓告処分)

このページに関するお問合せ先