新型コロナウイルス感染症の影響により介護保険料の納付が困難な方へ

新型コロナウイルス感染症の影響により介護保険料(65歳以上)の納付が困難な方へ

新型コロナウイルス感染症緊急対策のうち、介護保険料の減免についてお知らせします。申請期間、必要書類等詳細については、随時公表いたします。

介護保険料減免の対象者

介護保険第1号被保険者で、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少したこと等の理由から、介護保険料を納めることが困難であると認められる人  ※介護保険第1号被保険者:65歳以上の人

介護保険料減免の基準

介護保険第1号被保険者の減免をすることができる場合は、
1. 感染症により、主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った場合
2. 感染症による主たる生計維持者の各収入などの減少が見込まれる減少額が、前年の当該事業収入などの額の10分の3以上であり、かつ、減少することが見込まれる各事業収入に係る所得以外の前年の所得の合計が400万円以下である場合

介護保険料の減免割合

上述の減免基準「1」の場合は、第1号被保険者の保険料を全額免除
上述の減免基準「2」の場合は、主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入割合に応じた第1号被保険者の対象保険料額に、前年の合計所得金額が200万円以下のときは全部、200万円を超えるときは10分の8の割合で減額または免除

介護保険料の減免の対象期間

令和元年度分および令和2年度分の介護保険料であって、令和2年2月1日から令和3年3月31日までの間に普通徴収の納期限(特別徴収の場合は、特別徴収対象年金給付の支払日)が設定されているもの。(資格取得時が2月以降でも対象)

このページに関するお問合せ先