新型コロナウイルス対策のための町独自の緊急支援策(第2弾)について

1 概要

 新型コロナウイルス感染症による国民生活への影響が全国規模で生じているところですが、本町においても経済への打撃が現実のものになっており、迅速に対策を講じる必要があります。

 これまで緊急支援策の第1弾として、宮崎県が創設した「新型コロナウイルス感染症緊急対策貸付」を利用した町内の中小企業者等に対して利子補給を実施したところです。

 しかしながら、感染拡大が止まらず経済状況の悪化が進んでいることから、さらなる支援策が必要と判断し、このたび、町独自の緊急経済対策(第2弾)を実施します。

 

2 町独自の緊急支援策(第2弾)の内容

みまたん事業者おうえん給付金事業

 2020年2月から5月のうちのいずれかのひと月の売上高等が、前年同月比で15%以上減少した町内の中小企業者等を対象に、10万円の支援金を給付します(給付金の受付は終了しました)

三股町新型コロナウイルス感染症緊急対策家賃補助事業

 2020年2月から5月のうちのいずれかのひと月の売上高等が、前年同月比で15%以上減少した町内の中小企業者等を対象に、店舗等に係る家賃1ヶ月分の2分の1以内(上限5万円)を最大3ヶ月分支援します。

 ※詳しくは、こちらを御覧ください。

テイクアウト・デリバリー情報発信事業

 町内飲食店のテイクアウト・デリバリー情報をとりまとめ、町内外に発信します。

 ※詳しくは、こちらを御覧ください。

三股町新型コロナウイルス感染症医療福祉従事者応援事業

 町内の医療機関や高齢者福祉施設等に対し、マスクや消毒液の購入費用の一部を助成するもので、1事業者5万円を一律に支援します。

 ※詳しくは、こちらを御覧ください。

小・中学校児童生徒学習支援事業

 町内の小中学校に通う児童生徒に対し、学習教材や図書の購入費として、図書券を児童生徒1人あたり3,000円分を支給します。

 ※詳しくは、こちらを御覧ください。

休校に伴う食費増等に対する支援事業

 学校の休業に伴う食費増への支援を行うとともに、外出自粛による影響の大きい地元飲食店を支援するため、町内の小中学校等に通う児童生徒に対し、町内の飲食店で使える食事券用の商品券3,000円分を支給します。

 ※詳しくは、こちらを御覧ください。

このページに関するお問合せ先