小規模特認校制度のお知らせ

 三股町教育委員会では平成18年4月から「小規模特認校制度」をとりいれ、通学区域の弾力化を図っています。

1.制度の目的

自然環境に恵まれた小規模校の特性を生かし、心身の健康・増進・体力づくりとともに、学ぶ楽しさと豊かな人間性を目指したいと希望する保護者と児童に一定の条件のもと、通学区域外からの転入学を認めるものです。

2.対象校

梶山小学校・宮村小学校・長田小学校

3.申請の条件

小規模特認校制度を希望する児童の本来通学するべき学校が三股小学校・勝岡小学校・三股西小学校であること。

(1)保護者の責任

・正規の通学区域を越えて通学することから、児童の通学は保護者の責任において送迎することになります。

・対象校のPTA活動や学校の指導体制などへの協力が必要となります。

・三股小学校区及び三股西小学校区の児童を対象に、スクールバスを運行しています。
※ただし、梶山小学校、長田小学校のみ運行

(2)利用期間について

・原則、卒業までとします。

(3)承認について

・希望者多数の場合には抽選を行います。

◆そのほか詳しいことは下記の連絡先にお問い合わせください。

4.申請期間

(1)募集期間は、11月1日(金)から12月27日(金)まで
(2)申し込みは、教育委員会学校教育係に直接お申し込みください。
 

添付ファイル

PDFファイルを見るためには、Adobe Reader(アドビリーダー)をインストールする必要があります。
以下のアイコンをクリックしてAdobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。

Adobe Readerのダウンロード
このページに関するお問合せ先