国民年金保険料について

令和2年度国民年金保険料について

1.国民年金保険料額

納める保険料は、性別、年齢、所得に関係なく定額です。

2.第1号被保険者、任意加入者の保険料 

定額保険料  月額 16,540円(令和2年度)
付加保険料  月額    400円(将来、より多くの年金を希望する方)

保険料は、当月末振替による「早割(50円割引)」、一定期間の保険料をまとめて

納めることにより保険料が割引となる「前納制度」等を設けています。

前納制度は6ヶ月及び1年前納に加え、「2年前納」(口座振替・現金及びクレジット

カード納付)があり、さらに割引額が大きくなるため、お得な制度となっています。

早割(当月末振替の口座振替)

 ・1ヶ月分   16,490円    (50円割引)

現金払い

  ●6カ月前納     98,430円      (810円割引)
  ●1年前納      194,960円  (3,520円割引)
  ●2年前納      383,210円   (14,590円割引)

口座振替

  ●6カ月前納    98,110円    (1,130円割引)
  ●1年前納   194,320円    (4,160円割引)
  ●2年前納   381,960円 (15,840円割引)


~口座振替申し込みについて~

1年前納と2年前納は、申し込み前の年の2月末日、

6ヶ月前納は、4月~9月分は2月末日、

10月~3月分は8月末日までに口座振替納付申出書での申し込みが必要です。

詳しくは年金事務所にお問い合わせください。

3.第2号、第3号被保険者の保険料

第2号、第3号被保険者は、第2号被保険者が加入している年金制度(厚生年金や共済組合)から拠出金として支払われますので、個別に国民年金の保険料を納める必要はありません。

保険料の納付方法

1.口座振替

安心で便利な口座振替。指定した金融機関の口座から保険料を自動的に振替をします。(振替日は、翌月末(休日の場合は翌営業日))

※年金番号のわかるもの・預(貯)金通帳・金融機関届出印をお持ちの上、口座のある金融機関・郵便局・または年金事務所へお申込ください。
反映されるまでに時間が係る場合があります。お早めにお手続きください。

 2.納付書

全国の銀行、ゆうちょ銀行、農協、信用金庫、労働金庫の窓口、コンビニエンスストアでも納付できます。
日本年金機構の発行する納付書を持参して納付します。

注意

 保険料は、納めた全額が社会保険料として所得税や住民税を計算するときに、課税対象となる所得金額から控除されます。控除される保険料は、家族の分も対象となりますので、申告する際は、忘れないようにご注意ください。
 申告には、保険料の納付確認のため、領収書が必要となりますので、領収書は大切に保管してください。
 保険料の納付記録、加入期間、受給資格に関する相談は年金事務所で受付けます。

都城年金事務所

〒885-8501                    
都城市一万城町71号1番
電話    0986-23-2571(代)
FAX 0986-23-2949      

このページに関するお問合せ先