武田社ワクチン(ノババックス)について

新型コロナワクチン接種において、武田社ワクチン(ノババックス)が新たに国の承認を受け、県内で接種できるようになります。

※詳細は、宮崎県新型コロナウイルス感染症対策特設サイト内「武田社ワクチン(ノババックス)について」をご覧ください。

こちらから(外部サイトへリンク)

武田社ワクチン(ノババックス)とは

ウイルス抗原(新型コロナウイルスのスパイクタンパク)の遺伝子をもとに、昆虫細胞を用いて発現させた遺伝子組み換えタンパク質をナノ粒子化して製造されたワクチンで、既に接種で使用されているファイザー社ワクチン、武田/モデルナ社ワクチンとは異なる種類のワクチンです。

組換えタンパクワクチンは、不活化ワクチンの一種で、不活化ワクチンは、B型肝炎ウイルスワクチン、ポリオ、インフルエンザ等のワクチンで使用されており、長期の使用実績があります。

安全性、副反応について

安全性について(令和4年4月27日開催第32回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より)

・18歳以上の者について、初回接種後7日までの局所・全身反応は軽度~中等度で一過性であり、追跡期間中に安全性の懸念は認められなかったとの報告がなされています。
・3回目接種後の有害事象の多くは軽度から中等度であり、速やかに回復したとの報告があります。

交互接種を行なったときの有効性、安全性について(令和4年4月27日開催第32回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料より)

・初回接種において他のワクチン接種とノババックス接種の交互接種を行なった場合や、3回目接種における交互接種を行なった場合は、有意に抗体価(抗体の量)が上昇すると報告されています。
・初回接種や3回目接種で他のワクチン接種とノババックスを用いて交互接種を行なった場合の安全性は許容されるとの報告がなされています。

副反応について(「ワクチン接種を受ける人へのガイド」、「ヌバキソビッド(武田社)について新型コロナワクチン接種のお知らせ」より)

・重大な副反応
いくつかの症状が同じような時期に現れることが一般的です。このような場合には直ちに医師に相談してください。

ノババックスー重大な副反応.PNG (15 KB)

・その他の副反応
接種後7日間に現れた症状

ノババックスーその他の副反応.PNG (31 KB)

接種後に気を付けること

・接種後にショック(冷汗が出る、めまい、顔面蒼白、手足の冷感、意識の消失など)、アナフィラキシー(全身の痒み、蕁麻疹、のどの痒み、ふらつき、動機、息苦しい)が起こることがあります。接種後一定時間(少なくとも15分)は接種施設で待機し、このような症状が見られたらすぐに医師、看護師に申し出てください。
・接種後にショック、アナフィラキシーの症状が現れた方は、次回以降の接種において、ノババックスの接種は受けないでください。
・接種当日は、激しい運動は避け、接種部位を清潔に保つようにしてください。
・接種後の健康状態には十分に注意してください。接種部位の異常な反応や体調の変化、高熱、けいれんなどの異常を感じた場合は、すぐに医師の診察を受けてください。
・接種直後又は接種後に、血管迷走神経反射により失神することがあります。失神による転倒を避けるために、接種後は背もたれやひじ掛けのある椅子や体重を預けられるような場所で待機するようにしてください。
・他の医療機関を受診したり、他のワクチンを接種したりする場合は、必ずノババックスを接種したことを受診先の医師等にお伝えください。

(注意)血管迷走神経反射:注射を打った時の痛み、恐怖、(神経的な)興奮などによる刺激が脳神経の一つである迷走神経を介して中枢に伝わり、心拍数が減少したり血圧が低下したりすることがあります。そのため、気分が悪くなったり、めまいやふらつき、失神などが起こったりします。

接種当日に必ずお持ちいただくもの

1.接種券
2.予診票(あらかじめ記入の上、お持ちください)
3.1回でも接種を受けたことがある場合は、接種が確認できる書類(接種済証、接種記録書、接種証明書、新型コロナワクチン接種証明書アプリ)
4.本人確認書類(運転免許証・健康保険証等)

接種の対象者について

・18歳以上の方
・mRNAワクチン(ファイザー社ワクチン(コミナティ筋注)、武田/モデルナ社ワクチン(スパイクバックス筋注))の成分に対してアレルギーのある方など

以下に、「接種を受けることができない方」、「接種を受けるのに注意が必要な方」をお示しします。
御自身が当てはまるかどうか、ワクチンを受けてもよいか御不明な方は、現在受診されている医療機関の医師、かかりつけの医師に御相談ください。
また、接種当日は、御自身の症状、飲んでいる薬等について、接種前の診察(問診)時に必ず申し出てください。

接種を受けることができない方

・あきらかに発熱している方(注意1)
・重い急性疾患にかかっている方
・ノババックスの成分で重い過敏症にかかったことがある方(注意2)
・上記以外に、医師に接種を行うことが不適当な状態にあると判断された方

(注意1)「あきらかな発熱」とは、通常37.5度以上を指します。ただし、平時の体温と比較して37.5度を下回る場合であっても、発熱していると判断される場合もありますので、御了承ください。

(注意2)全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等アナフィラキシーを疑う複数の症状

接種を受けるのに注意が必要な方

・血小板減少症又は凝固障がいのある方、抗凝固療法を受けている方
・過去に免疫に異常があると判断されたことがある方や両親や兄弟に先天性免疫不全症の方がいる方
・心臓や血管、腎臓、肝臓、血液の障がいや発育の障がいなどの基礎疾患がある方
・他のワクチンを受けて、2日以内に発熱があった方や全身性の発疹などアレルギーが疑われる症状が出たことがある方
・過去にけいれんを起こしたことがある方
・ノババックスの成分に対してアレルギーを起こすおそれのある方
・妊婦又は妊娠している可能性のある方
・授乳中の方

接種スケジュールについて

ノババックスー接種スケジュール.PNG (57 KB)

初回接種

1回0.5mLを2回、通常、3週間の間隔で筋肉内に注射します。

・18歳以上の方が対象です。
・1回目の接種から3週間を超えた場合には、できる限り速やかに2回目の接種を受けていただくようお願いします。
・このワクチンは2回の接種を受けることにより、効果が確認されていることから、2回の接種を受けてください。

追加接種(3回目接種)

1回0.5mLを筋肉内に注射します。

・18歳以上の方が対象です。ただし、追加接種の要否は医師により判断されます。

接種を受けることができる医療機関

一般社団法人藤元メディカルシステム藤元総合病院(都城市)

接種日時

令和4年7月1日(金曜日)午後3時から午後5時

予約開始日

令和4年6月20日(月曜日)午前9時から

予約方法

直接、病院へ電話

電話番号:0986-22-1717

受付時間:平日の午前9時から午後5時

※その他の医療機関に関しては、県のホームページをご覧ください。

 

出典:宮崎県新型コロナウイルス感染症対策特設サイト(外部サイトへリンク)

このページに関するお問合せ先