新型コロナウイルス感染症により療養等をされている方の郵便等による投票について

1.特例郵便等投票制度について

 特定患者等の郵便等を用いて行う投票方法の特例に関する法律が施行され、新型コロナウイルス感染症により宿泊・自宅療養されている人でも、一定の要件を満たす場合、郵便等で投票することができるようになりました。

総務省ホームページ(外部リンク)

https://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/tokurei_yuubin.html

2.特例郵便等投票の対象となる方について

 次のいずれかに該当する選挙人で、投票用紙等の請求時において、外出自粛要請または隔離・停留の措置に係る期間が、投票しようとする選挙の期日の公示または告示の日の翌日から当該選挙の当日までの期間にかかると見込まれる方。

①感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律第44条の3第2項または検疫法第14条第1項第3号の規定による外出自粛要請を受けた方

②検疫法第14条第1項第1号または第2号に掲げる措置(隔離・停留の措置)により宿泊施設内に収容されている方

濃厚接触者の方は特例郵便等投票の対象ではありません。通常通り投票所での投票ができます。(投票所におけるマスクの着用や手指消毒等の感染拡大防止の徹底をお願いします。)

罰則

 特例郵便等投票の手続きにおいては、公正確保のため、他人の投票に対する干渉やなりすまし等詐偽の方法による投票については、法律により罰せられます。

3.投票用紙等請求手続きについて

1.選挙期日の4日前まで(必着)に、特例郵便等投票請求書に外出自粛要請等の書面を添えて、選挙管理委員会に投票用紙等の請求をしてください。

2.選挙管理委員会から投票用紙等を送付します。

3.自宅等で投票用紙に候補者名を記載し、封筒に入れ、選挙管理委員会宛てに送付してください。

 ※ファスナー付きの透明ケース等に入れて郵送してください。

 (入手困難な場合は透明のケース、袋等に入れてテープで密封してください)

 ※投函の際は同居人、知人等にご依頼ください。

詳しい内容や請求書等の様式は、以下の添付ファイルをご確認ください。

添付ファイル

PDFファイルを見るためには、Adobe Reader(アドビリーダー)をインストールする必要があります。
以下のアイコンをクリックしてAdobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。

Adobe Readerのダウンロード
このページに関するお問合せ先