【9/10更新】飲食店等への営業時間短縮要請協力金について(令和3年8,9月期)

 新型コロナウィルス感染症の封じ込めを図るため、宮崎県から令和3年8月13日(金)付けで、本町含め県下全域の飲食店等に対し、営業時間の短縮要請が発出されました。

 町では、本要請に全面的に協力し宮崎県が示すガイドラインの遵守を行う事業者に対し、宮崎県と連携して協力金を支給します。

事業の概要

対象者

 町内に所在し、食品衛生法に基づく営業許可を受け宮崎県が示すガイドラインを遵守している飲食店で、通常の営業時間が午後8時を越えて運営する事業者

※持ち帰り(テイクアウト)や宅配(デリバリー)の専門店、スーパーやコンビニ等のイートインコーナーを除く。

要請内容

①酒類の提供は午前11時から午後7時までとする

②午後8時から翌朝午前5時までの営業を行わない

※通常営業が午後8時までの営業であっても、酒類の提供を午後7時までに短縮した場合も対象となります。

要請期間

令和3年8月14日(土) ~ 令和3年9月30日(木)までの最大48日間
(8月14日(土)午後8時 ~ 10月1日(金)午前5時まで)

※9月10日付けで、宮崎県が飲食店等への時短要請期間(9月30日まで)のさらなる延長を発表しました。

※8月26日付けで、宮崎県が飲食店等への時短要請期間(9月12日まで)の再延長を発表しました。

※8月20日付けで、宮崎県が飲食店等への時短要請期間の延長(8月31日まで)を発表しました。

時短要請協力金の対象期間

 ①令和3年8月16日(月) ~ 令和3年8月24日(火)

 ②令和3年8月25日(水) ~ 令和3年8月31日(火)

 ➂令和3年9月 1日(水) ~ 令和3年9月12日(日)

 ④令和3年9月13日(月) ~ 令和3年9月30日(木)

※上記①,②,➂,④の期間を通して、それぞれ協力した期間に応じて協力金を支給

※8月14日(土)又は8月15日(日)から協力した場合は、その分を加算

※上記②、➂及び④の期間から時短営業を行った場合も協力金の対象

協力金額

①中小企業(小規模事業者、個人含む)

 売り上げ規模に応じて2.5万円 ~ 7.5万円 × (協力した日数)を店舗単位で支給

②大企業※中小企業も選択可

 売り上げ減少額に応じて最大20万円 × (協力した日数)を店舗単位で支給

協力金の申請期間

①8月14日(土) ~ 9月12日(日)までの最大30日間分の協力金は、11月5日(金)までに申請してください。

※8月14日(土)~8月31日(火)までの協力金を申請の事業者は、9月1日(水)~9月12日(日)までの12日間について申請してください。

※令和3年5,6月にかけて実施した時短要請に応じた事業者については、9月30日までの延長に伴う対応についての文書を9月10日付けで送付しました。

②9月13日(月) ~ 9月30日(木)までの18日間分の協力金は、11月5日(金)までに申請してください。

※協力金の1日当たりの支給額計算について、令和元年又は令和2年の売上高より算出しますが、①の期間については8月分の売上、②の期間については9月分の売上で計算しますのでご注意ください。

申請に必要な書類

 1 時間短縮営業要請等協力金交付申請書兼誓約書兼実績報告書

 2 食品衛生法に基づく営業許可証の写し

 3 営業の実態が確認できる書類(直近の確定申告書の写し等)

 4 時間短縮営業を行ったことが確認できる書類(店舗への掲示物等)

 5 対象店舗の外観及び内観の写真(飲食スペースが確認できるもの)

 6 【8月分売上高用】店舗情報及び支給額算定シート

 6 【9月分売上高用】店舗情報及び支給額算定シート

  ※6の書類についてはいずれか一方

 7 前年度又は前々年度8月又は9月の1日当たり飲食業売上高が確認できる書類(確定申告書や帳簿の写し等)

 8 新型コロナウイルス感染防止対策チェックシート

 9 時間短縮営業要請等協力金交付請求書

10 提出書類連絡票

※書類の記入に当たっては、「提出書類についての補足」をご確認ください。

関連サイト

【宮崎県のHPより】「営業時間短縮要請」について<外部リンク>

添付ファイル
06 提出書類連絡票.pdf (PDF形式 123KB)

PDFファイルを見るためには、Adobe Reader(アドビリーダー)をインストールする必要があります。
以下のアイコンをクリックしてAdobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。

Adobe Readerのダウンロード
このページに関するお問合せ先