三股町ヘッダー画像
三股町防災Web

◆雨量計情報◆

基準日時

2019/2/24 11:00

よりの1時間累計

  • 轟木 : (0.5mm)
  • 寺柱 : (0mm)
  • 勝岡 : (0mm)

 もっと詳しく

選んでさがす
人口統計
男性 11,815
女性 13,660
合計 25,475
世帯数 10,249世帯

【平成31年 2月1日現在】

※現住人口・世帯数を掲載

人口統計について

トップトピック
【第4回みまたん霧島パノラマまらそん】を開催しました


【第4回みまたん霧島パノラマまらそん】

 1月27日、ふれあい中央広場をスタート・ゴールとする「第4回みまたん霧島パノラマまらそん」が開催されました。

 2㌔・3㌔・5㌔・ハーフの各部門に、町内外から1,528人が参加。埼玉県からの参加者には「遠来賞」が贈られました。手をつなぎ笑顔でゴールする参加者も多く、会場は大きな歓声に包まれていました。

 完走後には豚汁や宮崎牛などが振る舞われたほか、豪華景品が当たる抽選会なども行われ、笑顔があふれる大会となりました。

 本大会のボランティアスタッフは、自治公民館をはじめ、三股・都城管内の高校や三股中学校の生徒など約550人。沿道の声援も加わり、地域が力を合わせて大会を支えました。


301人が大人の仲間入り 平成31年 三股町成人式
成人証書授与(平内 凌太郎さんと田中 里奈さん)

 平成31年三股町成人式(町教委主催)が、1月5日、町立文化会館で開催されました。今年の新成人は男性159人、女性142人の計301人(町外在住の本町出身者を含む)で、うち215人が出席しました。

 式では、新成人の竹下美愛
さんが先導役となり、全員で町民憲章を読み上げた後、西村副町長が代表の平内凌太郎さんと田中里奈さんに成人証書を授与しました。

 続いて友重楓さんが成人を迎えるに当たっての意見を発表。その堂々とした姿に、会場からは大きな拍手が送られました。

 第2部の記念式典では、本町出身の橋本愛大さんが所属する音楽ユニット「Land Cell」(ランド・セル)によるライブが行われました。橋本さんの姉で歌手のMAIMIさんもゲスト出演し、会場を盛り上げました。

 また、中学生時代のスライド上映や恩師が登壇しての激励などもあり、会場は歓声と笑顔に包まれました。

 今回の企画・運営を行ったのは、新成人7人と来年成人を迎える2人の実行委員。昨年10月から定期的に集まり、知恵を出し合った実行委員に対し、盛大な拍手が送られました。

5万7千人の熱気あふれる 第28回三股町ふるさとまつり


5万7千人
の熱気あふれる 第28回三股町ふるさとまつり
 
「第28回三股町ふるさとまつり」は、11月10~11日の2日間にわたり、ふれあい中央広場を主会場に開かれ、延べ5万7千人の人出でにぎわいました。

これは、地場産業や文化の発展などを目的に、町や商工会、JA都城三股支所、各種民主団体などで構成される「ふるさとまつり実行委員会」が企画したものです。メインとサブの2つステージを中心に繰り広げられる多彩な催しに、会場は来場者の熱気で終始盛り上がりをみせていました。

また、町武道体育館では、同2日間、「第28回三股町文化祭」を開催。個人や団体から出展された書道、絵画や創作物など870点の力作を展示しました。

三股ブルースカイ、「小学生の甲子園」で全国3位!



10月2日、三股ブルースカイ(浅井俊博監督、30人)が全国大会の結果報告のため、町長を訪れました。

同チームは、8月19日から、東京都で開催された「小学生の甲子園」と呼ばれる高円宮杯第38回全日本学童軟式野球大会に県代表として出場。

チーム一丸となり、大舞台にも臆せず、粘り強い闘いを展開し、価値ある3位を獲得しました。

町長からは「大舞台での経験を今後に活かして、ますますの活躍を期待します」と激励しました。


9月育成品評会 久保次男さん優等首席!!

 

 9月6日(木)、都城地域家畜市場で「9月育成品評会」(JA都城主催)が開催され、久保次男さん(檪田地区)が飼養している「あやか」号が、生後おおむね11カ月以上14カ月未満の育成牛が出場する第1類の部で優等主席に選ばれました。

 久保さんが首席を獲得するのは今回が初めてです。

  年に2回開催される当品評会には、本町と都城市から選抜された育成牛14頭が出場。「あやか」号は、父が「美穂国」、母の父が「勝忠平」です。体重は433㎏と発育に優れ、品位に富んでいることなどが高く評価されました。

平成30年7月豪雨災害義援金の受け付けを行っています


 

  町と町社会福祉協議会では、このたびの大雨災害の被災者に対する義援金の受け付けを開始しました。

 集まった義援金は、日本赤十字社宮崎県支部を通じて被災者へお届けします。8月31日(金)まで受け付けますので、皆さまのご支援をよろしくお願いします。

 また、先に発生しました東日本大震災・熊本地震災害・九州北部豪雨災害の義援金も引き続き受け付けしています。
 
《募金箱の設置》
 ■ 場  所=町役場と町社会福祉協議会(元気の杜)ロビー
 ■ 受付時間=午前8時30分~午後5時(平日のみ)
 
 ※現在、救援物資の受け付けは行っておりません。
 
 ※団体などからの義援金や領収証の必要な個人からの義援金の
   受け付けは、町社会福祉協議会(元気の杜)のみで受け付けし
   ます。
 
 ※平成29年度に三股町分区へ集まった義援金は485,197
  
(詳細は添付写真のとおり)でした。義援金は、日本赤十字社を
  通して送金しました。皆さまのご支援、誠にありがとうございます。
 
 
《問い合わせ先》
福祉課社会福祉係  (℡)52-9061
町社会福祉協議会 (℡)52-1246

 

設置場所 実  績





 


町消防操法大会、熱戦が繰り広げられる!

 6月24日(日)、町総合文化施設南側臨時駐車場で町消防操法大会が行われました。連日まで続いた雨で、足場の悪い中での大会となりましたが、当日は、晴天に恵まれ、「小型ポンプ」「小型ポンプ積載車」の各部門で都城支部大会出場の切符をかけて熱戦が繰り広げられました。

 
 競技内容は、設置された防火水槽から給水し、火災現場を想定した火点(かてん)と呼ばれる的にめがけて放水。撤収するまでの一連の動作をいかに早く、正確に行えるかを得点化して競います。

 各部門で優勝した部は、7月29日(日)に高崎総合運動公園多目的広場で開催される都城支部操法大会に出場します。

 

 競技結果は次のとおりです。

 

ポンプ車の部   ・・・・・・・・ 機動本部(支部大会出場・表彰対象外)

 

小型ポンプの部 ・・・・・・・・ 1位 第2部消防団(支部大会出場)
                     2位 第1部消防団
                  3位 第6部消防団

 

小型ポンプ積載車の部・・・ 1位 第2部消防団(支部大会出場)
                   2位 第1部消防団
                   3位 第7部消防団




 




 


全国広報コンクールで「広報みまた」が入選



 「平成30年全国広報コンクール」(日本広報協会主催)の審査結果が発表され、『広報みまた』昨年3月号が、組み写真部門で入選しました。組み写真部門としては初の受賞です。  
 
 本コンクールは、各都道府県で特選を受賞した市町村が県代表として推薦され、広報紙、広報写真やホームページなどが審査されます。

 本紙は、これまでにも総務大臣賞を1回、読売新聞社賞を3回、入選を7回果たしています。これからも、皆さんとともに歩み、伝わりやすい広報紙づくりを目指していきます。
 


郡市和牛共進会で本町出品の牛4頭が優等賞!!

 
 3月7日、都城地域家畜市場で開催されたJA都城主催の「3月度郡市和牛共進会」で、木下登さん生産の「まい」号が優等2席、松山安郎さん生産の「みか」号が優等3席、安田由美子さん生産の「めぐみ」号が優等4席、東節雄さん生産の「あかり」号が優等6席を獲得しました。

 三股町出品牛4頭が同時に優等賞を獲得するのは今回が初めてです。

 この日は、本町と都城市から各地区予選を勝ち抜いた雌牛38頭が出場。本町出品牛4頭は、発育が良く品位に富み、全体のバランスに優れている点などが高く評価され優等賞8頭枠内に選ばれました。

郡市和牛共進会で本町出品の牛4頭が優等賞!!

 
 3月7日、都城地域家畜市場で開催されたJA都城主催の「3月度郡市和牛共進会」で、木下登さん生産の「まい」号が優等2席、松山安郎さん生産の「みか」号が優等3席、安田由美子さん生産の「めぐみ」号が優等4席、東節雄さん生産の「あかり」号が優等6席を獲得しました。

 三股町出品牛4頭が同時に優等賞を獲得するのは今回が初めてです。

 この日は、本町と都城市から各地区予選を勝ち抜いた雌牛38頭が出場。本町出品牛4頭は、発育が良く品位に富み、全体のバランスに優れている点などが高く評価され優等賞8頭枠内に選ばれました。

本公演を開催! みまた座14期生


 


 3月25日、演劇ワークショップみまた座14期生(永山智行演劇監督、12人)は、町立文化会館で本公演『スイートピー』を上演しました。

 今回の戯曲は、みまた座に8~12期で在籍し、平成28年度三股町立文化会館戯曲講座受講生・天音(あまね)さんが書き下ろした作品です。

 14期生、「劇団こふく劇場」の皆さんや、みまた座卒業生の総勢19人が、日頃の稽古の成果を存分に発揮し、舞台狭しと躍動しました。


 終演後、会場から惜しみない拍手が送られていました。

 
 


第3回みまたん霧島パノラマまらそんを開催しました
 1月28日、ふれあい中央広場をスタート・ゴールとする「第3回みまたん霧島パノラマまらそん」が開催されました。2㌔・3㌔・5㌔・ハーフの各部門に、町内外から約1,970人が参加。手をつなぎ笑顔でゴールする参加者も多く、会場は大きな拍手に包まれていました。完走後には豚汁や焼き肉などが振る舞われたほか、豪華景品が当たる抽選会なども行われ、同会場は笑顔があふれていました。
 本大会のボランティアスタッフは、自治公民館をはじめ、三股・都城管内の高校や三股中学校の生徒など約700人。沿道の声援も加わり、地域が力を合わせて大会を支えました。

(総務課 秘書広報係)


冬の夜に幻想的な明かり キャンドルナイト


  町職員有志で構成される「えきにぎ」は、12月23日、JR三股駅周辺で「キャンドルナイト❤みまた」を開催しました。多くのボランティア協力の下、紙袋やペットボトル製の手作り灯籠約5千個に点火しました。
 
  会場では、「よかよか夜市」(みまたん駅前よかもん元気会・町物産館よかもんや主催)も同時開催され、温かい飲食物などの販売で来場者をもてなしました。さらに音楽ライブなども行われました。
 
  冬の夜を彩る幻想的な光景に、訪れた人たちは、皆うっとりと見入っていました。



約5千個の灯籠が幻想的空間を演出
 
よかよか夜市も同時開催されました
 

チャルネイロ(かみもと千春さんと中村大介さん)
のスローナイトらいぶ
 


5万7千人の熱気あふれる 第27回 三股町ふるさとまつり


 
 


 「第27回三股町ふるさとまつり」は、11月11~12日の2日間にわたり、ふれあい中央広場を主会場に開かれ、延べ5万7千人の人出でにぎわいました。

 これは、地場産業や文化の発展などを目的に、町や商工会、JA都城三股支所、各種民主団体などで構成される「ふるさとまつり実行委員会」が企画したものです。メインとサブの2つステージを中心に繰り広げられる多彩な催しに、会場は来場者の熱気で終始盛り上がりをみせていました。

 また、町武道体育館では、同2日間、「第27回三股町文化祭」を開催。個人や団体から出展された書道、絵画や創作物など825点の力作を展示しました。



 
サンバカーニバル in 三股
 
大勢の来場者で賑わう
 
   
RANA
 
GO! THE SKIP
 
   
櫟田じゃんかん馬踊り
 
わんぱくあそびコーナー
 
   
人間早馬競争(小学生の部)
 
門松さおりさん・ひろ子さん姉妹
 
ライブと花火の共演
 
ドリーム戦隊ミマタレンジャー
 
MAIMI
 
Land Cell
 

会員相互の親睦深まる グラウンドゴルフ大会


 

 さんさんクラブ三股(大浦芳英会長、1255人)は、9月28日、元気の杜(もり)広場などで「平成29年度さんさんクラブ三股グラウンドゴルフ大会」を開催しました。

 本大会は、高齢者がお互いに親睦を深め、健康で豊かな生活を送ることを目的に毎年開催されています。この日は同クラブ会員229人が参加。3ラウンド24ホールを回り、その合計打数で上位を競いました。

 競技の結果、「男子の部」で大重未雄さん(71)=蓼池=、「女子の部」で山元ヒサ子さん(74)=上新=が見事優勝を果たしました。

 会場内の随所で、地区の枠を越え、交流を深める参加者の元気な姿が見られました。

 

 

 

九州北部大雨災害義援金の受け付けを行っています



 
 

町と町社会福祉協議会では、この度の大雨災害で被災された方々に
対する義援金の受け付けを開始しました。

集まった義援金は、日本赤十字社宮崎県支部を通じて被災された方々へお届けします。

また、先に発生しました熊本・大分地震、東日本大震災の義援金も引き続き受け付けしていますので、皆様の温かいご支援をよろしくお願いします。
 
《募金箱の設置》
□ 場    所:町役場および町社会福祉協議会(元気の杜)ロビー
□ 受付時間:午前9時~午後5時(平日のみ)
□ 受付期間:7月10日(月)~8月31日(木)
 
《団体などからの義援金や領収証の必要な個人からの義援金の受け付け》
□ 町社会福祉協議会(元気の杜)のみで受け付けします。
 
《問い合わせ先》
□ 町福祉課社会福祉係(℡)0986-52-9061
□ 町社会福祉協議会  (℡)0986-52-1246
 
※平成28年度に三股町分区へ集まった義援金は566,368円(詳細は添付写真のとおり)でした。
義援金は、日本赤十字社を通して送金しました。
皆様のご支援、誠にありがとうございます。

 

設置場所 実  績





 


第10回みまた町民総合スポーツ祭 開幕



 
 


 6月25日、「第10回みまた町民総合スポーツ祭」(町など主催)が開幕しました。
 ことしで10回目となるこの催しは、スポーツを通して健康増進や地域住民相互の親睦を深めることを目的とします。
 6月25日に町武道体育館で行われた総合開会式には、競技参加者など約200人が参加しました。開始前のアトラクションで、少林寺拳法三股が躍動感あふれる演武を披露。式では、ミニバレーボール・みまたチャレンジ総合クラブに所属する児玉美貴さんが力強く選手宣誓を行いました。
 そのほか、平成29年度みやざき県民総合スポーツ祭で優秀な成績を収めた6人の競技者(本町在住)に対する町体育協会表彰がありました。また、ソフトボールとグラウンドゴルフの両競技の普及・指導に長年に渡り尽力され、本町の体育振興に多大なる功績を残された野中功氏に対しスポーツ功労賞の表彰が行われました。

 開会式後、参加者の一部は、「ミニバレーボール」が行われる各競技場に移動し、熱戦の火ぶたが切られました。(6月25日)。
 なお同スポーツ祭は、10月7日にかけて、町内各所で全13競技が行われる予定です。皆さんの温かいご声援をよろしくお願いします。



   

少林寺拳法三股
(アトラクション)

児玉 美貴さん
(選手宣誓)

ミニバレーボール
(町体育館・武道体育館)






早馬まつりに9,000人

馬踊りなどに大歓声
 


   4月29日、町観光協会(池邉美紀会長)は山王原・早馬公園で「早馬まつり」を開催。場内は終日、約9,000人の見物客でにぎわいました。
 まつりは、早馬神社本殿における神事で開幕。そして、「山王原こどもみこし」「櫟田のジャンカン馬踊り」「餅原の棒踊り」といった郷土芸能などが次々に奉納され、大きな拍手が送られていました。
 またステージにおいても、文化協会の踊り、ご当地ヒーローのミマタレンジャーショーなど多彩な出し物の披露がありました。さらに終了後、サツキの苗木200本が無料で配布されました。
 そのほか、奉納行事として剣道、柔道、弓道、四半的弓道の大会が、同日、町内各所で開かれました。
 奉納を終えた郷土芸能の一行は、地元を中心に練り歩く「庭もどし」を行い、三味線や太鼓の音色を町内に響かせていました。

山王原こどもみこし 餅原の棒踊り
櫟田のジャンカン馬踊り サツキ苗木無料配布

善行児童生徒表彰式
 2月27日、町中央公民館で「町教育委員会善行児童生徒表彰式」が行われました。
 これは、学校活動で他の模範となる児童・生徒の功績をたたえ、平成24年度から毎年表彰しているものです。
 この日は、町内の各小・中学校から推薦を受けた7人と1団体に宮内浩二郎教育長から表彰状が授与されました。
 受賞者代表で中村洋介さん(三股小6年)が謝辞を述べたあと、笠牟田保昌校長会長が「これからも周りの模範となってください」と受賞者を激励しました。

《受賞者(敬称略)》
中村洋介(三股小6年)
喜瀬 歩(梶山小6年)
西村瑛翔(宮村小6年)
時任竜丞(長田小6年)
西村颯生(長田小6年)
齊藤夢華(三股西小6年)
時任優利亜(三股中3年)
勝岡小みどりの少年団

第2回みまたん霧島パノラマまらそんを開催しました
 1月22日、ふれあい中央広場をスタート・ゴールとする「第2回みまたん霧島パノラマまらそん」が開催されました。2㌔・3㌔・5㌔・ハーフの各部門に、町内外から約1800人が参加。手をつなぎ笑顔でゴールする参加者も多く、会場は大きな拍手に包まれていました。完走後には豚汁や宮崎牛などが振る舞われたほか、豪華景品が当たる抽選会なども行われ、同会場は笑顔があふれていました。本大会のボランティアスタッフは、自治公民館をはじめ、三股・都城管内の高校や三股中学校の生徒など約400人。沿道の声援も加わり、地域が力を合わせて大会を支えました。

(企画政策課 地域政策係)


--- 町内の企業 ---

--- 町外の企業 ---

リンク
三股町ふるさと納税
みまた~ん.com
三股町立文化会館
三股町立図書館
広報みまた
くいまーる
協働のまちづくり
toto