三股町ヘッダー画像
三股町防災Web

◆雨量計情報◆

基準日時

2017/2/22 5:00

よりの1時間累計

  • 轟木 : (0mm)
  • 寺柱 : (0mm)
  • 勝岡 : (0mm)

 もっと詳しく

町長より
三股町facebook
選んでさがす
人口統計
男性 11,799
女性 13,652
合計 25,451
世帯数 10,057世帯

【平成29年 2月1日現在】

※現住人口・世帯数を掲載

人口統計について

トップ  >  都市整備係
都市整備係
社会資本整備総合交付金および防災・安全交付金について
 社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向けの国庫補助金等を一つの交付金に一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を活かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。

 防災・安全交付金は、地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策や、事前防災・減災対策の取組み、地域における総合的な生活空間の安全確保の取組みを集中的に支援するため、平成24年度補正予算において創設されました。

 両交付金は道路、河川、治水、下水道、都市公園、市街地整備(都市防災総合推進等)、都市再生整備計画等の各分野における政策目的を実現するため、地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を国が総合的・一体的に支援する交付金です。従来の個別事業ごとの補助金とは異なり、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫が活かせるものになっています。
■社会資本総合整備計画について 社会資本総合整備計画とは、地方公共団体等が作成する計画であり、整備計画の目標や評価指標、計画期間、交付対象事業を記載したものです。社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合は、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出する必要があります。また計画を作成したときには公表することとなっています。 延岡市では、都市公園、市街地整備(都市防災総合推進等)、都市再生整備計画に関して、以下の整備計画を作成しています。   社会資本整備総合交付金について(国土交通省ホームページ)

社会資本総合整備計画について

 社会資本総合整備計画とは、地方公共団体等が作成する計画であり、整備計画の目標や評価指標、計画期間、交付対象事業を記載したものです。社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合は、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出する必要があります。また計画を作成したときには公表することとなっています。

 三股町では、都市公園に関して、以下の整備計画を作成しています。

公園(長寿命化計画策定) 
 
宮崎県未来へ繋ぐ安全・安心な公園づくり(防災・安全)平成25年2月

 なお、上述の計画は、宮崎県庁のホームページでも閲覧できるものがあります。詳しくは、以下のサイトで確認して下さい。
 宮崎県ホームページ

都市公園事業 公園施設長寿命化計画策定調査について
 
公園施設の更新需要への効果的・効率的な対応を通じたストックの有効活用を図ることを目的とした公園施設長寿命化計画を策定するために行う調査のことをいいます。

 三股町では、平成24年度に宮崎県内の他市町と一緒に「宮崎県未来へ繋ぐ公園づくり」、「宮崎県未来へ繋ぐ安全・安心な公園づくり(防災・安全)」の整備計画を作成しました。
 なお、この整備計画の成果として、「三股町都市公園施設長寿命化計画」を策定するとともに、改修事業に取り組みました。

事後評価等について
 
社会資本総合整備計画の計画段階に設定した「まちづくり等の目標を定量化した指標」について、整備計画事業がもたらした成果等を客観的に診断し、成否の要因を分析し、住民の皆さまにわかりやすく説明することを目的として、計画期間の終了年度に行うことを「事後評価」といいます。また、計画策定時に「事前評価」も行う必要があります。
 以下では、その事前評価や事後評価等について公表します。

宮崎県未来へ繋ぐ安全・安心な公園づくり(防災・安全)(平成24年度)

 三股町では、公園施設の長寿命化計画を策定するため、平成24年度に宮崎県内の5市町と一緒に社会資本総合整備計画(通常 「宮崎県未来へ繋ぐ公園づくり」)を計画しました。その後、その計画を社会資本総合整備計画(防災・安全 「宮崎県未来へ繋ぐ安全・安心な公園づくり(防災・安全)」)、構成市町を9市町に変更し、公園施設(遊具等)の長寿命化計画を策定しました。

 その計画の事後評価を行いましたので、下記のとおり公表します。
 宮崎県未来へ繋ぐ安全・安心な公園づくり(防災・安全) 事後評価シート

お問い合わせ先
都市整備課 都市整備係
0986-52-9068
 

大規模盛土造成地の調査結果のについて
 阪神・淡路大震災や東日本大震災等において、谷や沢を埋めた造成宅地や傾斜地盤上に腹付けした大規模な造成宅地により地滑りが生じ、崖崩れ又は土砂の流出による被害が発生しました。
 この事により町内宅地を調査した結果、三股町内には大規模盛土造成地は存在しないことを確認しました。

【大規模盛土造成地とは】
 (1)谷埋め型盛土造成地
   ・谷や沢を埋めて造った盛土造成地であり、ぞの造成面積が3,000㎡以上
 
    

 (2)腹付け型盛土造成地
   ・傾斜地での盛土造成地であり、盛土をする前の地盤面が水平面に対し20度以上の角度をなし、かつ、盛土の高さが5m以上
   

  このページについてのお問い合わせ
    都市整備課 都市整備係
    〒889-1995 宮崎県北諸県郡三股町五本松1番地1
    電話0986-52-9068
    FAX0986-52-4944
    メールでのお問い合わせ
都市整備課からのお願い

 都市整備課では、町民の皆様が安全に通行できるよう、道路パトロールにより町道の点検を実施しています。 より安全な通行を確保するため、下記事項について町民の皆様のご協力をお願いします。


・道路の破損を見つけたら、至急連絡をお願いします
 町道に穴があいたり、路肩が崩れたり、ガードレールや側溝などが破損していると交通事故の原因となります。お気づきになられた場合は、都市整備課までご連絡ください。


・道路にはみ出た立木などの枝払いにご協力をお願いします
 道路や歩道への枝の張り出しや倒木により,歩行者や自動車等の通行に支障となる場合があります。倒木などが原因で事故が発生した場合、所有者の責任が問われることがありますので、危険な立木や枝は早めに伐採してください。特に台風や大雨のときに危険な状態にならないよう、普段から適切な管理を心がけるようお願いします。

 

・草刈後の草を適切に処理して下さい
 私有地(田・畑など)の草刈後の草などは、水路や側溝に落ちないよう適切に処理をお願いします。草などが詰まって側溝から水が溢れ、道路冠水の原因になりますので、ご協力をお願いします。

・大雨による道路の冠水に注意して下さい
 最近頻繁に発生している短時間の集中豪雨により一時的に道路が冠水することがあります。予想以上に水位が増している場合もありますので、別の道に迂回するなど、通行には十分ご注意ください。
 

お問い合わせ先
都市整備課
電話 0986-52-9068

ずっと住みたいまちづくり協働推進事業のお知らせ
※都市整備課では「ずっと住みたいまちづくり協働推進事業」に取り組む団体を募集します 


【備品等貸出事業】
事業
内容
 公益的な環境美化活動に対して備品などの貸し出しを行います。
貸し出し場所  役場 都市整備課 施設管理係
貸し出し日時  ・貸 出 日:毎日(土・日、祝日を含む)
※ただし12月29日から 1月 3日を除く。
・貸出時間:午前8時から午後6時まで
※ただし、町の公務使用に支障がある場合は使えません。
※【道路等環境整備事業】実施者は優先して使用可。

使用
できる
団体

 ・自治会 ・老人クラブ
・PTA、子ども会、幼稚園、保育園の父母会などの教育関係団体
・体育協会、文化協会、スポーツ少年団などの文化・スポーツ関係団体
・社会福祉協議会登録のボランティア団体
・特定非営利活動法人 など
使用できる活動  町内の道路、河川、公園、学校など、公共施設の環境美化活動に使用すると認められる活動 ほか。
申込
方法
 ・使用したい備品の種類や日時などを所定の申請書に記載し、必要な書類とともに利用する3日前まで都市整備課 施設管理係に提出してください。
・貸出備品が重複した場合は、先に申し込んだ団体を優先に貸し出します。


【貸し出しを行なう備品など】
番号 貸出備品名 貸出数量 貸出条件など
2㌧トラック 普通自動車免許
軽トラック 普通自動車免許
自走式芝刈機  
草刈機  
作業中安全看板  
安全ポール 10  
※写真は、こちらをクリックください。


【道路等環境整備事業】
事業内容  町道の草刈作業と刈草の集草作
別図の作業箇所を、8月までに1回目、2回実施する場合は、12月までに作業を行ってもらいます。 

実施対象団体

①公民館などの自治会・水利組合・土地改良などの地域団体
②企業(工場周辺の企業職員による作業)
③特定非営利活動団体・ボランティア団体 など
奨励金  1回1㍍あたり10円(2回を上限とし、10万円まで支給)
申込方法   5月31日までに  申請書を提出ください。

実施団体の決定

 応募多数の場合は、作業条件・地域性を比較して最適な団体を町都市整備課で選考します。


※お申し込み、お問い合わせは、
  都市整備課 施設管理係(2階 ⑨番窓口)
  (電話52-9068、FAX52-4944)
   または、tosise-k@town.mimata.miyazaki.jp にお願いします。
橋梁長寿命化計画修繕計画

   三股町の橋梁長寿命化修繕計画について
 

三股町では平成21年度から「三股町橋梁長寿命化修繕計画」の策定に着手しました。(計画策定期間平成21年度から平成25年度)
 
橋梁長寿命化修繕計画とは?
 
【現況・背景】
 三股町が管理する道路橋は、129橋あります。(平成22年4月1日現在)このうち、建設後50年を経過する高齢化橋梁の占める割合は、現在5%ですが、20年後には41%となり、急速に高齢化橋梁が増大することが想定されます。
 これらの橋梁が、今後一斉に更新時期を迎えた場合、大きな財政負担が生じることとなります。
 
【目的】
 道路交通の安全性・信頼性を確保するため、これまでの傷んでから修繕する事後保全的な対応から計画的かつ予防的な対応に転換し、橋梁の長寿命化及び計画的な修繕・架替えを実施することで、予算の平準化・コスト縮減を図ることを目的とし、「三股町橋梁長寿命化修繕計画」の策定に向けて橋梁点検を取り組んでいます。
 
【橋梁点検】
 平成21年度には三股町の町道に架かる全橋梁のうち、15m以上の橋梁35橋と15m未満の橋梁28橋の橋梁点検をおこないました。
平成22年度には三股町の町道に架かる全橋梁のうち、15m未満の橋梁45橋の橋梁点検をおこないました。
 橋梁の点検結果については、別添のとおりとなっております。

【長寿命化修繕計画】 
 平成24年度に長寿命化修繕計画を策定しました。
 計画の内容は、別添のとおりとなっております。

 《別添1》:平成21年度三股町橋梁長寿命化修繕計画策定にかかる橋梁点検結果
 《別添2》:平成22年度 三股町橋梁長寿命化修繕計画策定にかかる橋梁点検結果
 《別添3》:平成24年度 三股町橋梁長寿命化修繕計画
三股町都市計画道路見直しについて

 三股町では、都市計画道路の長期未着手5路線について見直しを行っています。

 ①新馬場植木線の一部 ②病院通線の一部 ③新馬場榎堀線の一部
 ④新馬場五本松線の一部 ⑤東原通線の全部



詳しくは、こちらのパンフレットをご覧下さい。

--- 町内の企業 ---

--- 町外の企業 ---

リンク
三股町ふるさと納税
みまた~ん.com
三股町立文化会館
広報みまた
くいまーる
協働のまちづくり