三股町ヘッダー画像
三股町防災Web

◆雨量計情報◆

基準日時

2017/7/28 17:00

よりの1時間累計

  • 轟木 : (0mm)
  • 寺柱 : (0.5mm)
  • 勝岡 : (0mm)

 もっと詳しく

町長より
三股町facebook
選んでさがす
人口統計
男性 11,764
女性 13,592
合計 25,356
世帯数 10,091世帯

【平成29年 7月1日現在】

※現住人口・世帯数を掲載

人口統計について

トップ  >  選んでさがす  >  税・年金・国保・住民  >  戸籍証明・届出
戸籍証明・届出
戸籍証明の郵便請求
戸籍の証明を郵便で請求するには

 郵便で請求するには次のものを同封し、送付してください。
 

必要項目 説明
1.請求書  請求書用紙はここをクリック↓
   「戸籍等郵便交付請求書」のダウンロード
    (PDFファイル 75KB)    
 ダウンロードできない方は、下記の「請求の仕方」をご確認のうえ、請求書を作成してください。
2.手数料  郵便局の定額小為替を同封してください。
 【注意】収入印紙、切手、現金では受付できません。
3.返信用封筒  住所、氏名を記入し切手を貼ってください。
 ※お急ぎの方は速達分の切手を貼ってください。
 ※返送先は、住民登録地となります。
4.本人確認資料  運転免許証、写真付き住基カード、保険証等の写し
 ※裏面に現在の住民登録地が書かれている場合は、裏面もコピーしてください。


送付先

〒889-1995 宮崎県北諸県郡三股町五本松1番地1
          三股町役場 戸籍住民係


   ※電話、ファックス、電子メール等による請求は取り扱っておりません。


請求の仕方

便箋等の用紙に次のことを書いてください。
 
                        請求書の内容

       請求書項目               備  考
1.請求者の住所、氏名 印鑑を押してください。
2.昼間に連絡の取れる電話番号 必ず記入してください。
3.本籍地 番地まで詳しく書いてください。
4.戸籍の筆頭者の氏名 戸籍の初めに書かれている方
5.必要な書類名 戸籍、除籍、改製原戸籍、附票謄本・抄本、身分証明書
6.必要な通数 抄本の場合は必要な方の氏名
7.請求する人との関係 本人・家族(夫、妻、子、孫、父、母、祖父母)・その他
8.必要とする内容と使用目的 パスポート申請、年金手続、婚姻届添付、相続など詳しく書いてください。
 ※相続の場合は、「○○さんが結婚してから現在まで」、「○○さんが生まれてから現在まで」など詳しく記入してください。
 ※附票の場合は、「○○の住所から現在まで」、「何年頃~何年頃までの住所」と確認したい住所について詳しく記入してください。
   


注意事項

請求者の本人確認及び返送先住所確認のため、運転免許証、写真付き住基カード、保険証等の写しを同封してください。
・本籍地が「北諸県郡三股町」であることをご確認ください。
 「北諸県郡」のついている三股町以外の町は、市町村合併により現在都城市になりま 
 したので、都城市に請求してください。

・最近2週間以内に戸籍の届出をされた方は、その月日、届出の種類を書いてください。
身分証明書の請求は本人が原則です。
・代理請求の場合は、本人署名の委任状が必要です。


 

手数料

郵便局の定額小為替を同封してください。

謄本と抄本は同じ金額です。
 

書類名 手数料
戸籍 450円
除籍 750円
改製原戸籍 750円
戸籍附票 300円
身分証明書 300円


お問い合わせ先
 町民保健課 戸籍住民係
電話 0986-52-9630

戸籍の証明について
1.戸籍の証明について
【証明書の種類】
戸籍謄(抄)本
※ 三股町では、戸籍簿を電算化していますので、従来の戸籍謄本は「全部事項証明書」、戸籍抄本は「個人事項証明書」と書類には表示されます 
改正原戸籍謄(抄)本
除籍謄(抄)本
戸籍の附票謄(抄)本
身分証明書
(=禁治産及び準禁治産の宣告、後見登記、破産の通知を受けていない旨の証明)
謄本と抄本について
戸籍証明の表示の種類には、謄本と抄本の2種類があります。
 ・ 謄本は同じ戸籍にいる方全員が表示されます。
 ・ 抄本は、謄本の中から必要な方のみ抜き出した内容が表示されます。
 
【申請できる方】
 ・ 本籍が三股町内(住所は関係ありません)にあり、本人または直系の人(父母・祖父母・子・孫など)が請求できます。 
  ※ 兄弟姉妹の場合、請求者からの委任状が必要となる場合があります。委任状については、ここをクリック→委任状
 ・ 代理人が窓口へ来る場合は、請求者からの委任状(本人署名・押印)と申請書類に使用目的等の記入が必要となります
 ※ 委任状については、ここをクリック→委任状
 
【必要なもの】
 ・ 窓口に来る人の印鑑が必要です。
 ・ 本人確認書類(運転免許証 等)の提示が必要です。
  ※ 平成20年5月1日より、証明書等申請時に本人確認を行っています。申請時に窓口で、本人確認書類(運転免許証 等)の提示をお願いします。
 ・ 代理人よる手続きの場合は、委任状が必要となります。


戸籍と本籍について
戸籍制度とは、人の親族的身分関係を公簿(戸籍簿等)に登録し、公に証明する制度です。
本籍とは、戸籍の所在地の表示のことです。本籍と住所は一致するとは限りません。本籍は日本国内の街区符号または地番号のあるところであれば、どこに定めても自由で、他の場所に転籍することもできます。
これらのことから、戸籍証明は、戸籍の所在地である本籍地の市区町村が証明発行を行います。転籍などの届出により本籍を移された方は、移されるまでの戸籍の証明は、その時期に本籍をおいていた市区町村で証明することになります。

このページの先頭に戻る

 

お問い合わせ先
町民保健課戸籍住民係
電話 0986-52-9630


戸籍の各種届出(出生届)
○ 各種届出は、休日、役場開庁時間外でも受け付けています。
○ 休日、役場開庁時間外の届出は、役場の警備員室で届出書をお預かりするのみです。この場合、後日、届書の内容を確認するため、不備があるときは、役場開庁時間に改めて来ていただくこともあります。


出       生

子どもが生まれましたら、生まれた日を含めて14日以内に出生届を提出してください。

【届出先】
  父母の本籍地、届出人の住所地ならびに所在地、子どもの出生地のいずれかの市区町村役場
【届出人】
  出生届の届出人(=届出人の署名)は、父または母となります。
【届出に必要なもの】
  ・出生証明書(兼出生届書)
 ※ 出生証明書は医師または助産師からもらってください。
・届出人の印鑑
・母子手帳
・国民健康保険証(加入者のみ)
【出生届の主な注意点】
  ・出生届の「届出人」の欄に署名をし、印鑑を押すのはお子さんの父または母です。父母双方で署名、印鑑を押して届け出ることもできます。
・出生届を実際に持ってこられる方は、どなたでも結構です。ただし、父または母の署名・印鑑が押していない場合や、出生届に不備があるときには、お持ち帰りいただく場合がありますのでご注意ください。

 

このページの先頭に戻る


お問い合わせ先
町民保健課 戸籍住民係
電話 0986-52-9630


戸籍の各種届出(婚姻)
○ 各種届出は、休日、役場開庁時間外でも受け付けています。
○ 休日、役場開庁時間外の届出は、役場の警備員室で届出書をお預かりするのみです。この場合、後日、届書の内容を確認するため、不備があるときは、役場開庁時間に改めて来ていただくこともあります。


婚       姻
【届出先】
  夫になる人または妻になる人の本籍地または住所地、所在地のいずれかの市区町村役場
【届出人】
  夫および妻になる人
【届出に必要なもの】
  ・婚姻届
・夫または妻になる人の本籍が三股町でない場合は、その方の戸籍謄本(=戸籍全部事項証明書)。どちらの本籍も三股町でない場合は、夫及び妻になる人両方の戸籍謄本(=戸籍全部事項証明書)※三股町に本籍がある場合は、必要ありません。
・夫と妻になる人の別々の印鑑
・婚姻する人が未成年者の場合は、父母の同意書
・窓口に来られる方の本人確認のできる書類(例:運転免許証、パスポート)
【婚姻届の主な注意点】
  ・届書には20歳以上の証人2名の署名、押印が必要です。
・本人確認書類がない場合も届出できますが、その場合には、後日、本人確認通知を行います。
・住所変更をされる方は、婚姻届では、住所変更は行えません。別に住所変更の手続きを行う必要がありますのでご注意ください。
・海外での婚姻届出や外国人との婚姻届出については、
       外務省ホームページ または 法務省ホームページ へ

このページの先頭に戻る


お問い合わせ先
町民保健課 戸籍住民係
電話 0986-52-9630


戸籍の各種届出(死亡)
死       亡
家族の方等が亡くなられたときは、死亡の事実を知った日を含めて7日以内に死亡届を提出してください。
【届出先】
   亡くなった方の本籍地、届出人の住所地、所在地もしくは死亡地のいずれかの市区町村役場
【届出人】
   同居している親族、同居していない親族または同居人
※ほかに家主、地主、家屋や土地などの管理人の届け出も可能です。
【届出に必要なもの】
  ・死亡診断書(兼死亡届書)
 ※死亡診断書は、医師からもらってください。 
・届出人の印鑑
【死亡届の主な注意点】
  ・亡くなられた方が三股町に住所がある方で、国民健康保険や国民年金、介護保険などの加入者だった場合、後日、手続きが必要となります。

 


お問い合わせ先
町民保健課 戸籍住民係
電話 0986-52-9630


戸籍の各種届出(その他)

○ 各種届出は、休日、役場開庁時間外でも受け付けています。
○ 休日、役場開庁時間外の届出は、役場の警備員室で届出書をお預かりするのみです。この場合、後日、届書の内容を確認するため、不備があるときは、役場開庁時間に改めて来ていただくこともあります。

 

転       籍
本籍を移す場合は、筆頭者と配偶者の意思により、転籍届を提出します。
【届出先】
  現在の本籍地、新しい本籍地、住所地のいずれかの市区町村役場
【届出人】
  戸籍の筆頭者とその配偶者
※戸籍の筆頭者が亡くなられている場合は配偶者が、配偶者が亡くなられている場合は筆頭者が届出人となり手続きをとることができます。
【届出に必要なもの】
  ・転籍届
・筆頭者と配偶者それぞれの印鑑
・戸籍謄本 ※三股町内で転籍する場合は、必要ありません。
【転籍届の主な注意点】
  ・転籍届により、戸籍にいる方全員の本籍が変わります。ただし、転籍前に婚姻届等により別の本籍に変わられた方は、新しい本籍の戸籍には表示されません。

このページの先頭に戻る

 


離       婚
【届出先】
  夫・妻の本籍地、住所地、所在地のいずれかの市区町村役場
【届出人】
  夫と妻 ※裁判、調停による離婚の場合は、その申出人。
【届出に必要なもの】
  ・離婚届書
☆協議離婚(=話し合いによる離婚)の場合☆
・夫、妻それぞれの印鑑 
・三股町に本籍がない場合は、本籍地の戸籍謄本
・窓口に来られる方の本人確認のできる書類(例:運転免許証、パスポート)
☆裁判、調停による離婚の場合☆
・申出人の印鑑
・調停調書の謄本または審判書・判決の謄本と確定証明書
・三股町に本籍がない場合は、本籍地の戸籍謄本
・窓口に来られる方の本人確認のできる書類(例:運転免許証、パスポート)
【離婚届の主な注意点】
  ・協議離婚(=話し合いによる離婚)の場合、届書に20歳以上の証人2名の署名、押印が必要です。
・裁判、調停による離婚の場合、離婚の調停成立または裁判確定の日を含めて10日以内に離婚届を出してください。
・離婚する夫妻の間に未成年の子どもがいる場合は、夫妻のどちらか一方を親権者と定めてください。ただし、離婚届では、お子様の戸籍は変わりませんのでご注意ください。
・住所を変更される方は、離婚届では住所変更は行えません。別に住所変更の手続きが必要となりますのでご注意ください。
・離婚した後も、離婚時の姓(=苗字)を称したいときは、「離婚の際に称していた氏を称する届」が必要になります。この届出は離婚届と同時か、離婚届出から3ヶ月以内に提出してください。3ヶ月を超えて手続きする場合は、家庭裁判所の許可が必要となります。 

 


◆上記の戸籍届出以外に、認知・養子縁組・離縁・入籍等があります。手続きの方法等詳しくは戸籍住民係までお問い合わせください。
 

このページの先頭に戻る


お問い合わせ先
町民保健課 戸籍住民係
電話 0986-52-9630


--- 町内の企業 ---

--- 町外の企業 ---

リンク
三股町ふるさと納税
みまた~ん.com
三股町立文化会館
三股町立図書館
広報みまた
くいまーる
協働のまちづくり