三股町ヘッダー画像
三股町防災Web

◆雨量計情報◆

基準日時

2019/4/24 16:00

よりの1時間累計

  • 轟木 : (0mm)
  • 寺柱 : (0mm)
  • 勝岡 : (0mm)

 もっと詳しく

選んでさがす
人口統計
男性 11,773
女性 13,619
合計 25,392
世帯数 10,268世帯

【平成31年 4月1日現在】

※現住人口・世帯数を掲載

人口統計について

トップ  >  選んでさがす  >  教育と学習  >  歴史と文化財
歴史と文化財
『三股町史』の予約受付について
  町では、「原始・古代から現代に至る本町の歴史を学問的に明らかにして、町民の郷土に対する理解を深め、誇りを高めるとともに、後世への文化遺産とし、本町の文化向上に資する」ことを目的として、平成26年度から、町制施行70周年にあたる平成30年に向けて『三股町史』の編さんに取り組んできました。
 
  このたび、町史の完成に先立ちまして、予約受付を開始しております。平成31年3月31日平成31年4月30日まで(平成元号期間中)にお申し込みをされた場合は、町制施行70周年記念特別価格といたしまして、定価6,000円のところ、5,000円にて販売させていただきます。この機会にぜひお求めください。
 
【販売価格(税込)】
  『三股町史』上巻・下巻   6,000円(平成31年4月30日まで5,000円)
  ※分冊での販売は行っておりません。
 
【予約方法】
  三股町役場、三股町中央公民館、三股町立文化会館、三股町立図書館に備え付けの申込書にてお申し込みいただくか、下記の申込書様式をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、中央公民館まで郵送、またはFAXにてお申し込みください。
また、予約受付は、三股町中央公民館、三股町立文化会館、三股町立図書館にて行っております。
 
申込書様式はこちら

【販売について】
  販売開始時期につきましては、準備が整い次第、お知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。
 
【商品のお渡しについて】
①直接お受け取りになられる場合
  三股町中央公民館(三股町教育委員会教育課生涯学習係)にて現金と引き換えになります。
②郵送を希望される場合
  役場専用の振込用紙をお送りいたしますので、そちらを使用して入金を行ってください。入金確認後、商品を発送いたします。なお、送料については着払い(購入者負担)となります。


お問い合わせ先
教育課 生涯学習係
電話 0986-52-9311  FAX 0986-52-9724

文化財

文化財と文化財保護法
 
  文化財とは?

  文化財という言葉は幅広く使われていますし、法律でもその定義は細分化されていますので、一言で言い表せるものではありません。ただ、あらゆる地域で、長い歴史とともに受け継がれた貴重な財産(文化的遺産)が「文化財」であることは間違いないでしょう。

  その貴重な財産を守るために、昭和25年5月30日に文化財保護法が制定されました。三股町においても、文化財保護法の規定に基づき、昭和46年3月23日に三股町文化財保護条例が制定されました。

  文化財保護法は、文化財の保存・活用を目的に制定された法律ですので、その保護すべき文化財を具体的に示す必要があります。つまり、冒頭のように「文化財とは何か?」と問われれば、文化財保護法の中にその答えが用意されていなければなりません。その答えは、第2条の「文化財の定義」に掲げられています。



保存と活用 
 
  重要なことは、文化財保護法で分類された多種多様な文化財をどのように保存・活用していくかということです。その目的達成のために整備されたのが、指定・選定・登録という制度です。では、その指定・選定・登録された文化財をどのように活用していけばよいのでしょうか?

  現在は、まちおこしや地域活性、観光資源に活用されていると言えるでしょうが、あくまでも「大切に保存して後世に伝える」という大前提を忘れてはなりません。経済効果に特化した整備は行うべきではなく、保存と活用のバランスを常に考慮した整備こそ文化財には必要と言えるのではないでしょうか。


 

お問い合わせ先
教育課 生涯学習係
電話 0986-52-9311


『三股町史』刊行のお知らせ
  平成31年(2019年)3月に、『三股町史』上巻・下巻を刊行しました。町史は、A5判という一般的な自治体史のサイズで、上下巻ともに約700ページです。文字を若干大きくし、写真や図版を多く取り入れ、見やすさに配慮しました。

  上巻は自然分野から書き起こし、旧石器時代から江戸時代までを、下巻は明治時代から現代(平成28年:2016年)までを記述しました。ただ、町史編さん事業の後半期において、平成元号最後の発刊となることが想定されましたので、平成30年の出来事もできるかぎり取り入れることにしました。

  町史では、編ごとに日本史全体を概観し、九州→南九州→都城盆地→三股地域という構成を基本とし、三股の歴史が日本史のなかでどのように位置づけられるかという視点を考慮して記述しました。参考に目次の詳細を掲載しました(各編の「はじめに」のみご覧になれます)。


 

 

購入方法は、『三股町史』の予約受付についてをご覧ください。

 

                    ※販売価格について 
期      間 価    格
平成31年4月30日まで 5,000円
 令和元年5月 1日から 6,000円



【 上巻:目次 】

 
第1編   自然・原始・古代

 
    はじめに

    第1章  三股町の位置と自然地理的環境
          第1節  三股町の位置
          第2節  三股町の地質
          第3節  三股町の地形環境
          第4節  気候
          第5節  人口


    第2章  先史時代の人々の暮らし
          第1節  先史時代の様子を明らかにするための方法
                        考古学の方法/放射性炭素年代測定法
          第2節  狩猟採集社会の生活
                1  旧石器時代の人々の暮らし
                        人類の始まりと進化/日本列島の初期人類と旧石器文化/
                        都城盆地の旧石器時代
                2  縄文時代の人々の暮らし
                        縄文時代とは/王子山遺跡の草創期の集落跡/
                        長原の丘の丸ノミ状石斧/早期の遺構と土器/
                        繰り返された火山災害/
                        細井地区遺跡群の集落変遷と生活の様相/縄文時代の食料
          第3節  稲作の始まりと農耕社会の生活
                1  弥生時代の人々の暮らし

                        弥生時代とは/イネの来た道/金属器の出現/
                        都城盆地における稲作農耕の始まりと展開/
                        都城盆地の弥生時代の集落様相/
                        都城盆地における鉄器の出現/
                        都城盆地における弥生時代の墓制
                2  古墳時代の社会と人々の暮らし
                        古墳時代とは/前方後円墳/古墳の副葬品/
                        都城盆地の古墳/地下式横穴墓/
                        都城盆地における古墳時代の集落の様相/生業と暮らし/
                        都城盆地の特質

    第3章  奈良・平安時代
          第1節  ヤマト王権の南九州進出と諸県君・髪長媛
                1  記紀神話に現れる南九州在地勢力

                        『古事記』と『日本書紀』の成り立ち/
                        国生み神話に現れる日向/隼人阿多君の祖の服属説話/
                        征西説話と熊襲の登場/
                       『古事記』や『日本書紀』の編さん目的
                2  諸県君と髪長媛伝説
                        諸県君の服属説話/天皇の妃となった日向の媛
          第2節  律令制形成と水俣駅
                1  在地勢力の朝貢と隼人の反乱

                        隼人の朝貢/朝貢にみる歌舞の披露/当時の国内外の情勢/
                        朝貢の持つ意味/朝貢の内容/
                        律令制度に編入される南九州/大宝律令の成立と南九州支配/
                        隼人の反乱と薩摩国・大隅国の成立/隼人教導政策/
                        養老四年の隼人反乱/戦後処理と朝貢の強化/
                        隼人の反乱を招いた原因
                2  官道と駅の整備
                        整備された道の必要性/日向国に置かれた駅/
                        官道を通る人・物資/日向国の財政状況/日向国の産物
          第3節  島津荘の成立と三俣院
                1  島津荘の成立と拡大

                        受領の登場/大宰府官による富の集積/
                        島津荘の成立と拡大の様子/貴族の心を掴んだ島津荘の産物
                2  大宰大監平季基の進出
                        平季基、大隅国への進出を試みる/
                        平季基のライバル、藤原義孝/南九州をめぐる諸勢力の争い
                3  萩原氏と平季基
                        平季基と在地勢力の結びつき/
                        三俣院に勢力を広げる平季基の子孫たち
 

 第2編   中世


     はじめに

    第1章  鎌倉時代
          第1節  鎌倉幕府政権下の島津荘
                1  鎌倉幕府による島津荘管理

                      院政期の島津荘支配/平氏の島津荘支配への介入/
                      平氏政権の崩壊/鎌倉幕府による島津荘支配/
                      惟宗忠久の島津荘下司職補任
                2  源氏嫡流滅亡後の島津荘支配
                3  島津忠久に関する伝説

                      母の丹後局/源頼朝を父とする説/
                      惟宗広言・惟宗忠康実子説/府官系惟宗氏と島津氏
                4  忠久の島津荘下向
                      コラム① 郡元西原遺跡の発見
          第2節  島津荘の在地領主
                1  島津荘在地領主たちの系譜

                      藤原姓富山氏/日置姓北郷氏/
                      三俣院を領有した萩原氏の系譜/藤原姓高木氏
                2  鎌倉幕府の滅亡と在地領主たちの動向
                      鎌倉幕府滅亡後の島津荘支配/
                      島津荘内における新体制への抵抗
 
    第2章  南北朝の動乱と三股地域
          第1節  南北朝の動乱
                      南北朝の動乱/南北朝期の南九州
          第2節  建武の新政と三俣院
                1  島津氏の日向国守護職就任

                      島津氏と日向国守護職/島津荘の所有経緯
                2  三俣院における南北朝争乱
                      肝付氏の出自/肝付兼重と伊東祐広/肝付兼重と三俣院/
                      肝付兼重の最期/三股院萩原と萩原氏
          第3節  観応の擾乱と三俣院
                1  足利氏の内紛とその影響

                      観応の擾乱/南九州の擾乱
                2  三俣院内における勢力争い
                      幕府方の動静/島津氏の南朝方転属/相良氏の三俣院進出/
                      国人の動向と島津氏への同調
          第4節  樺山氏の入部と在地支配
                1  樺山氏の日向国北郷及び樺山領有

                      父・島津忠宗の時代/樺山資久の転戦/樺山資久の樺山領有
                2  樺山氏の樺山入部
                      樺山の地名/樺山氏と樺山
                3  島津氏と樺山氏の関係
                      島津宗家と樺山氏の強固な関係/所領配当にみる強固な関係
                4  樺山氏の実効支配
                      樺山資久代に樺山支配がなされたか/内検・坪付にみる支配
 
    第3章  室町幕府と三股地域
          第1節  南北朝合一と日向国
                1  南北朝合一前後の日向国と諸県地域

                      南北朝の合一/南北朝合一後の諸県地域
                2  島津氏・伊東氏の日向争奪と三俣院
                      島津元久の日向進出/伊東氏の宮崎平野部掌握
          第2節  室町幕府と樺山氏
                1  樺山氏の所領拡大

                      樺山氏の支配地域の拡大/所領拡大の分析
                2  樺山氏による三俣院掌握の実態
                      内検にみる樺山氏の支配/坪付からみた樺山氏の支配/
                      樺山氏の所領買得/樺山氏の経済力/樺山氏の支配の実態
                3  和田・高木氏との連携
                      在地領主 和田・高木/和田氏/高木氏/   
                      樺山氏と和田・高木・羽田氏との連携
                4  樺山氏の文化交流
                      飛鳥井家との交流/里村家と連歌/近衛家と古今伝授/
                     小笠原家と射術/樺山氏の参洛
                5  樺山氏の脱「三俣院」
          第3節  国人一揆と三俣院

                1  日向国内における混乱
                      永享の国一揆/嘉吉・文安の国一揆/明応の擾乱
                2  国一揆と三俣院
                      永享・嘉吉・文安の国一揆と三俣院/
                      大覚寺義昭事件と三俣院/文明の国一揆と三俣院
                3  和田・高木氏の消長
                      高木氏の没落/和田氏の北郷家臣化
 
    第4章  戦国大名支配と三股地域
          第1節  伊東氏の三俣院支配
                1  伊東氏の日向支配の展開

                      伊東氏の山東統一/島津氏領への進出
                2  伊東氏の三俣院進攻
                      15世紀代の伊東氏進攻/永正・大永期の進攻
                3  伊東氏の支配形態
                      伊東氏の支配組織/棟札にみる伊東氏支配の浸透
          第2節  島津氏と伊東氏
                1  島津氏の勢力拡大過程

                      島津貴久の宗家家督継承/島津宗家と庶家の関係/
                      永禄期以降の動向
                2  伊東義祐の日向掌握
                      天文期の動向/土田帳にみる神社支配
                3  伊東氏と島津氏の対立
                      飫肥をめぐる攻防/日向国南西部での攻防
          第3節  北郷忠相の勢力拡大と三俣院
                1  北郷忠相の生涯

                      周辺領主との戦いと三俣院の掌握/
                      盆地南部への進出と盆地統一
                2  北郷忠相の戦国領主化過程
                      棟札にみる支配域の拡大過程/拡大過程の時期区分/
                      島津家内部における政治的位置
                3  北郷忠相の三俣院進攻
                      「庄内地理志」にみる掌握過程/
                      「日帳」にみる三俣院の掌握
                4  棟札にみる北郷氏の三股地域への影響
                      三俣院と北郷氏/勝岡・梶山地域の棟札からみた北郷氏
                5  戦国期北郷氏の支配形態
                      地頭配置にみる支配形態/棟札にみる支配形態/
                      文禄期の支配形態/所領配当にみる支配のかたち/
                      支配の画期
          第4節  戦国期北郷氏と三俣院
                1  戦国期の三俣院

                      忠相期後半の北郷領/島津忠親のその後/
                      北郷時久と島津宗家
                2  島津氏と北郷氏
                      北郷氏の島津氏内部における位置づけ/
                      起請文にみる両者の関係/戦略上不可欠な北郷氏の存在
                3  北郷時久代の所領範囲
                      天文期の支配域/永禄期の支配域/天正期の支配域
                4  貿易陶磁器の分布からみた戦国期の北郷氏
                      陶磁器の出土分布/内之浦の掌握と陶磁器/造船技術の獲得
 

 第3編   近世


     はじめに

     第1章  豊臣政権下の三股地域
          第1節  島津氏の豊臣政権降伏と三俣院
                1  島津氏の九州制覇

                      伊東氏との争い/島津氏の九州北部への進攻
                2  島津氏の政権服属
                      豊臣軍との戦い/島津義久の降伏/島津氏存続のための条件
                3  北郷氏の動向と三俣院
                      豊臣軍への徹底抗戦/変化する豊臣政権の対応/
                      北郷氏の処遇/島津宗家降伏後の北郷氏の動向
          第2節  太閤検地と三俣院
                1  太閤検地と北郷領の再編成

                      島津領の太閤検地/三俣院での検地/
                      検地に対する家臣団の反発/検地後の所領配当/
                      島津氏内部の関係崩壊
                2  島津氏家臣団の「所替」と北郷氏
                      島津領国の石高/家臣団の所領替えと北郷氏/
                      北郷氏の祁答院移動
                3  伊集院氏の入部
                      伊集院忠棟について/伊集院氏の都城入り
          第3節  朝鮮出兵と三俣院
                1  文禄・慶長の役と島津氏

                      文禄の役と島津氏/慶長の役と島津氏
                2  北郷氏の動向
                      北郷氏と朝鮮出兵/忠虎による知行宛行
                3  伊集院氏の動向
                      軍役を満たせない朝鮮出兵の動員/在陣の様子
                4  三俣院からの出兵
          第4節  伊集院氏の支配と三俣院
                1  伊集院氏の所領支配

                      伊集院氏の知行宛行
                2  伊集院氏の支配体制と家臣団組織
                      伊集院氏の家臣団編成/伊集院氏の支配形態
                3  伊集院氏支配期の梶山城
          第5節  庄内の乱
                1  伊集院忠棟の殺害

                      殺害の遠因/島津忠恒による忠棟殺害
                2  乱の概況
                      忠棟斬殺後の庄内/戦闘の様相/
                      乱の長期化と政権の介入/乱の結末
                3  伊集院忠真の都城籠城と三俣院
                      城郭整備の様子/梶山・勝岡衆と庄内の乱
                4  乱後の顛末と伊集院氏・北郷氏
                      伊集院忠真の配置替え/北郷氏の都城復帰
                5  庄内の乱の歴史的意義
                      近世における伊集院忠棟の評価/近年の評価
          第6節  関ヶ原の戦い
                1  概況

                      中央の動向/島津領国の状況
                2  北郷氏の関ヶ原参戦と三俣院
                      関ヶ原の戦いと島津氏の動向/北郷氏と関ヶ原
                3  戦後交渉と北郷氏
                      戦後の島津氏と徳川氏/不安定な島津氏の支配基盤/
                      日向方面の動向/三股地域と関ヶ原

    第2章  江戸時代
          第1節  鹿児島藩の成立
                1  徳川幕府の政権構想と鹿児島藩の成立

                      徳川幕府の成立/徳川幕府の政権構想/鹿児島藩の成立
                2  近世大名島津氏の家臣団編成
                      近世大名島津氏と家臣団/寛永期の家臣団編成
                3  琉球出兵
                      琉球の位置/琉球出兵の目的/琉球出兵/琉球出兵と北郷氏
                4  外城制度の成立
                      鹿児島藩の外城制
          第2節  藩政の展開と都城・三股地域
                1  直轄領と私領

                      鹿児島藩の石高と領域/近世の三股地域/
                      地頭の変遷/三股地域の村高/
                      都城島津家領の石高変遷と勝岡外城の成立
                2  鹿児島藩による領内編成と北郷家
                      島津氏の領内編成と北郷氏/北郷家の家臣と島津氏/
                      鹿児島藩の秩序形成/北郷氏の近世的変容
                3  都城島津家の創出
              (1)藩による都城上置の設置

                      北郷忠能の死と忠亮の家督相続/
                      鹿児島藩と都城家老の人事/家久訓戒後の北郷家/
                      藩主の子久直の都城領主就任と上置の設置/
                      鹿児島藩の家臣団編成と都城
              (2)中抑の設置と都城
                      上置の設置と中抑/中抑設置の事情/
                      中抑の役割の変遷/中抑の選任方法
              (3)都城島津家の創出
                      都城領主の後継問題/都城島津家の創出
              (4)近世の街道と番所
                      鹿児島藩の街道/番所・辺路番所/往還
          第3節  国絵図作成と飫肥藩との境争論
                1  国絵図作成事業

                      国絵図と郷帳/慶長国絵図と元和・寛永国絵図/
                      正保国絵図/元禄国絵図
                2  諸国巡見使
                3  飫肥藩との境争論

                      争論の概要/争論場所の状況/寛永期の争論/櫨ヶ峠争論/
                      新たな訴訟-飫肥藩による訴訟の動き/鹿児島藩の対応/
                      訴訟の開始/鹿児島藩による訴訟の準備/
                      梶山と北河内住民の相談/第一回目の立合/
                      その後の立合から争論の決着へ
          第4節  農政の展開
                1  領内惣検地の目的と意義

                      鹿児島藩の領内惣検地/太閤検地による領内の混乱/
                      慶長内検/元和の上知令から寛永内検へ/
                      近世初期の農政と万治内検/享保内検
                2  藩による農政の展開
                      藩農政機構の推移/郷村における農政機構/
                      人配政策と災害対策/都城・三股地域における人配/
                      鹿児島藩の新田開発/都城地域の新田開発/
                      都城・三股地域の灌漑事業
                3  村の支配
                      肝煎から庄屋へ/庄屋の任命権者/
                      庄屋に就任する郷士の階級/庄屋の役高/庄屋の任期/
                      庄屋の人数/庄屋の役割/庄屋と百姓/庄屋の位置づけ
                4  門割制度
              (1)門と門割制度

                      門割制度の概要/門割の実態
              (2)都城・三股地域の門
                      三股地域の門/「諸村門名調帳」にみる門/
                      「庄内地理志」にみる門/「重久文書」にみる門
          第5節  都城・三股地域の人々の暮らし
                1  村における郷士と百姓

              (1)鹿児島藩の郷士と百姓
                      鹿児島藩の郷村支配/郷士と百姓の存在形態/
                      都城島津家領上長飯一揆にみる郷士と百姓
              (2)三股地域における郷士と百姓の暮らし
                      三股に移住した人々/梶山郷士の生活/農民の生活
                2  諸産業の展開
                      鹿児島藩の諸産業/都城・三股地域の産物/
                      名品「都城茶」の確立/都城・三股地域の代表的産物/焼物
                3  教育の展開
                      鹿児島藩の郷中教育/都城学問所の設立/明道館の理念/
                      都城・三股地域の民衆の教育
                4  田の神信仰と農民文化
                      タノカンサア(田の神様)とは/タノカンサアの種類/
                      仏像型系統のタノカンサア/神像型系統のタノカンサア/
                      都城・三股地域の田の神信仰とタノカンサア/
                      タノカンサアの成立した時期/タノカンサアを作るきっかけ/
                      タノカンサアに込められた願い/タノカンサアを作った人々
                5  災害と民衆
                      災害の多い鹿児島藩/桜島の大噴火/風水害/
                      霧島の噴火/干害/その他の災害
                      コラム② 人々の暮らしを伝える「重久文書」
          第6節  宗教政策と領民支配
                1  幕府と鹿児島藩の宗教政策

                      幕府の宗教政策/鹿児島藩の宗教政策
                2  近世の神社と寺院
                      三股地域の神社/三股地域の寺院
                      コラム③ 三股の石工たち
                3  一向宗の禁制
                      一向宗の伝来/一向宗禁止の理由/一向宗の浸透/
                      鹿児島藩による宗教政策の動向/家臣団編成と一向宗の禁止
                4  かくれ念仏と薩州内場仏飯講
              (1)かくれ念仏

                      かくれ念仏と講/カヤカベ教/信者の弾圧/
                      天保期の三股での一向宗の取り締まり
              (2)薩州内場仏飯講
                      薩州内場仏飯講とは/
                      「仏飯講古系図」にみる薩州内場仏飯講の由来/
                      「仏飯講古系図」にみる薩州内場仏飯講の展開/
                      石碑にみる仏飯講
          第7節  幕藩制の動揺とその対応
                1  藩財政の逼迫

                      多発する自然災害/農村の荒廃/藩財政の逼迫/
                      都城島津家の財政状況
                2  島津重豪の開化政策
                      島津重豪の藩主就任/重豪による藩政改革の開始と人材登用/
                      学校等の設立/重豪による藩内秩序の強化/
                      都城島津家における階層秩序の強化/重豪による開化政策
                3  農村支配の強化
                      農政の乱れ/農村支配の引き締め/商品生産の推進
                4  財政再建の行き詰まり
                      農政の行き詰まり/災害の頻発/過重な御手伝い普請/
                      近思録党/近思録党の藩政改革/近思録崩れ
          第8節  幕藩制の崩壊と都城・三股地域
                1  藩政の混迷と天保改革

                      藩財政破綻の構造/重豪の再登場と財政の破綻/
                      天保改革の開始/天保改革の推進/改革の概要/
                      三島における黒糖地獄/軍制改革/給地高の改正/
                      改革の挫折
                2  外圧と島津斉彬の改革
              (1)近世後期の社会状況

                      内憂/外患/鹿児島藩領域と都城・三股地域の社会状況
              (2)島津斉彬の藩主就任
                      調所の改革と幕府との相克/嘉永朋党事件と斉彬の藩主就任
              (3)黒船来航と幕府の動揺
                      欧米列強の接近/鹿児島藩における外国船来航問題/
                      琉球問題と海防体制/斉彬の領内巡見/
                      斉彬の都城地域巡見/斉彬の富国強兵策と集成館事業/
                      斉彬による農政と常平倉
                3  幕末の政局と都城・三股地域
              (1)幕末の政局

                      戊午の密勅/安政の大獄と桜田門外の変/
                      島津斉彬の死と誠忠組/島津久光の登場/
                      久光上京と寺田屋の変/久光の幕政改革/
                      島津久光と西郷隆盛/生麦事件
              (2)幕末の都城・三股地域
                      都城島津家の領政改革/都城島津家の近代化事業/
                      島津久静/誠忠派と義烈塔/島津久静の率兵上京
                4  戊辰戦争と幕藩制の崩壊
              (1)幕末政局と戊辰戦争

                      長州藩と鹿児島藩/公武合体運動と倒幕/戊辰戦争
              (2)都城・三股地域の人々と戊辰戦争
                      戊辰戦争前の都城島津家/私領一番隊/都城六烈士斥候事件/
                      都城島津家と戊辰戦争/三股地域の人々の戊辰戦争
 



 【 下巻:目次 】

 第4編   近代


     はじめに

    第1章  近代三股のあゆみ
          第1節  明治維新と近代国家の成立
                1  新政府成立と初期行政

                      大政奉還と王政復古/明治政府の宗教政策/
                      鹿児島藩の動向/都城・三股地域の廃仏毀釈/
                      三股の寺院
                2  藩政改革
                      府藩県三治制と藩治職制/版籍奉還/
                      鹿児島藩の藩政改革
          第2節  三股の近代行政の始まり
                1  三島通庸の登場

                      三島の略歴
                2  三島地頭の改革
                      三島地頭の着任と反発/三郷分割と検地
                3  下三俣郷の建設と山王原
                      下三俣郷の検地/山王原建設/
                      「三股開拓之碑」に見る三島の業績
                      コラム① 三島家と三股のその後
          第3節  廃藩置県と三股
                1  都城県の設置と三股

                      廃藩置県の断行/日向国の廃藩置県と都城県/都城県政
                      コラム② 桂久武と三島通庸、先輩後輩の絆
                      戸籍法と地方統治/都城県の統治組織
                2  初期宮崎県の三股
                      都城県から宮崎県へ/県庁造営とその意義/
                      都城支庁と大区小区の改定
                3  鹿児島県の三股
                      宮崎県廃県と鹿児島県への併合/
                      宮崎支庁設置と大区の変遷
          第4節  西南戦争と三股
                1  薩摩軍動き出す-熊本へ

                      倒幕までの優等生が不満を募らせる/
                      西郷の下野と独立王国鹿児島/政府へ尋問の筋これあり
                2  三股からの出兵
                      早田進の手記にみる戦争の経過/政府軍との戦い始まる/
                      田原坂の激戦
                3  都城・三股での戦い
                      退却-都城へ/危うく捕虜に、三股での戦い
                4  従軍碑が語るもの
                      戦争の終焉-薩摩軍に従軍した人々の思い/
                      西南戦争が残したもの
          第5節  三股村の誕生
                1  地方三新法体制

                      大区小区制の廃止と新体制/分県運動と都城・三股地域/
                      分県の成就
                2  宮崎県の再置と三股
                      宮崎県再置と諸県郡の分割/新たな郡と郡役所の増置/
                      戸長役場
                3  町村制施行と三股村
                      県と北諸県郡の合併案/町村の合併と町村制施行/
                      三股村の誕生と村議会の開設
                4  大正・昭和初期の三股村
                      史料の少ない三股村時代/町村是と町村治要綱
 
    第2章  近代三股の産業と交通
          第1節  地租改正
                1  改正の基本方針

                      地租改正条例の公布/上長飯村士族・農民屯集事件/
                      土地所有者の確定
                2  地租改正のもたらしたもの
                      入会地・共有地の国有化/地域住民の抵抗/
                      宮村の抵抗/長田村の抵抗
                3  秩禄処分
                      地域の中心を担い始めた元郷士たち
          第2節  道路の整備と鉄道建設
                1  交通網の整備と近代化

                      都城県の道路網の整備/番所・辺路番所の廃止/
                      人力車・馬車・荷馬車の登場
                2  鉄道の建設と三股駅の誕生
                      鉄道敷設の開始/三股駅の誕生
          第3節  水利事業の展開と農業
                1  用水路の開削

                      海戸用水路/石寺原用水路/赤松用水路/御幸原用水路/
                      大野用水路/走持用水路/牧野用水路/天木野用水路/
                      温川原用水路/轟木用水路/折付用水路/
                      樺山用水路(福留用水路)/五本松用水路(矢ヶ淵用水路)/
                      細目用水路/早馬下用水路と本幹線水路/山手幹線用水路/
                      稲荷下用水路、新溝用水路、三股用水路
                2  ため池の整備
                      宮田池/大谷池/前山池、上園池、堂領池/
                      田上池谷池、迫間池、餅原池の谷池、三原池
                3  沖水川の治水
                      暴れ川が川筋で暮らす人々にもたらしたもの/
                      手をこまねいていたわけではないが/
                      本格的治水工事の始まり/根本的治水対策の実施
          第4節  三股の諸産業
                1  養蚕業の発展

                      蓼池村が養蚕の中心地に/県行政も養蚕業の振興を後押し/
                      北諸県郡は宮崎県の養蚕の中心地に/三股の製糸業の発展/
                      繭とさなぎの臭い、桑の葉いきれと蚕糞の臭い/
                      世界大恐慌の影響/桑園からラミー畑への転換
                2  畜産業の発展
                      明治初めの頃の三股の家畜数/
                      肉食の広がり、屠牛禁止から許可へ/
                      家畜飼育頭数の変化、質的変化をもたらしたもの/
                      乳牛と豚の飼育が広がる/馬と荷馬車の役割
                3  林業の発展
                      三股の林産物/役に立たない木は切り倒せ/
                      国有林下げ戻し後に盛んになった造林/野崎村長の時代/
                      宮田村長の時代/大河内町長・桑畑町長の時代
                4  紙漉き
                      三股の紙漉きの始まり/紙漉きの盛衰
                5  わさびの栽培
          第5節  松山家文書から見える明治時代の人々の暮らし
                1  松山家と松山家文書

                2  日記から読み解く長田地区の暮らし
                      米作りの四季/水路開削と新田作り/米卸し
                      コラム③ 稲作立毛品評会
                      畑作/堆肥つくり/山林の仕事/明治時代の人々の楽しみ/
                      学校作り・橋げた引き
                3  米を買いにくる人々、地主と小作人
                      コラム④ 清潔検査
                4  三股村農会で決めた日稼ぎ賃金
                5  地域の人々のつながり・助け合い・もえ(頼母子講)・信仰

                      コラム⑤ 曾孫がみた司じいさんと亀助じいさん
 
    第3章  文教三股の萌芽
          第1節  近代の教育へ
                1  学制の公布と三股

                      学制の公布とその目的/諸藩の藩校の廃止/
                      都城県郷校の設立と下三俣郷校/郷校から小学校への移行
                2  三股地域の小学校の設立とその設置場所
                      学制公布前の学校/学制公布後の三股地域の学校
                3  学校運営の諸問題
                      教員確保と教員養成/学校経費と授業料/小学規則
                      コラム⑥ 宮崎県の小学規則
                      女児小学/就学状況
          第2節  教育令から小学校令への変遷
                1  学制の廃止と教育令

                      鹿児島県への併合/教育令の公布/三股地域の小学校/
                      宮崎県再置時の教育状況/就学状況
                2  小学校令と義務教育制度の確立
                      小学校令の公布/中学校令の公布/師範学校令の公布
                3  教育勅語と教科書国定制度
                      教育勅語の発布/教科書国定制度
                4  就学率の向上
                      小学校令の改正(第二次小学校令)と簡易科小学校の廃止/
                      就学率の向上/小学校令の改正(第三次)と就学率向上の背景/
                      三股村の尋常高等小学校の設置奨励と義務教育六年制
                      コラム⑦ 明治時代の運動会プログラム
                5  中等諸学校の整備と社会教育
                      県立都城中学校の新設/実業教育/壮丁教育/実業補習学校/
                      青年会/龍雲館/師範教育令の制定
          第3節  大正期の教育改革
                1  明治から大正へ

                      教育勅語・御真影の下賜
                      コラム⑧ 御真影の下賜
                2  新教育運動
                      教育運動の始まり/三股村の小学校の状況
                3  中・高等教育の拡充
                      中等教育/実業学校/師範教育/高等教育の拡充
                4  軍縮と学校での軍事教練の成立
          第4節  昭和・戦前期の教育改革
                1  恐慌と学校教育

                      大正から昭和へ/恐慌の教育への影響
                2  戦時体制の教育への影響
                      思想統制の強化/奉安殿建設と御真影/戦時体制の始まり/
                      龍雲館の分離による正道館の開設/昭和期の師範教育
                3  戦争の長期化と国民学校の発足
                      日中戦争の長期化と第二次世界大戦の勃発/
                      思想の強化と「青少年学徒ニ賜ハリタル」勅語/
                      国民学校令の公布
                4  第二次世界大戦の戦局の悪化による戦時教育
                      修業年限の短縮と連合演習/学徒勤労動員/
                      学徒出陣と戦時非常措置/空襲の激化と学童集団疎開
                5  終戦
                      本土決戦態勢と学校への軍隊配置/三股国民学校分散教育場/
                      空襲による学校焼失と終戦
 
    第4章  戦争へのあゆみ
          第1節  明治期の戦争
                1  日清戦争と三股

                      三股の出征者/戦病死者と救護事業
                2  日露戦争と三股
                      三股の出征者/戦争に関する行事/日露戦争の戦費/
                      戦病死者と救護事業/戦争の終結/
                      歩兵第六十四連隊の設置と戦後の動向/
                      戦争の記憶を伝える三股の石碑
          第2節  大正期の戦争
                1  第一次世界大戦と三股

                      三股の出征兵士
                      コラム⑨ 松山司の満州・朝鮮視察
                2  米騒動と北諸県郡や三股村の救済事業
                      米騒動の勃発/救済事業の始まりと北諸県郡/
                      本格的な救済事業と三股村
                3  第一次世界大戦の終結
                      パリ講和会議とヴェルサイユ条約/
                      ワシントン会議と海軍軍縮/陸軍軍縮問題
          第3節  日中戦争と三股
                1  相次ぐ恐慌と天災による農村の疲弊

                      戦後恐慌と関東大震災から金融恐慌へ/
                      世界恐慌と農村の疲弊
                2  大陸の戦火と三股
                      山東出兵と都城歩兵第二十三連隊/満州事変/
                      第二十三連隊の満州派遣/第一次上海事変/
                      陸軍特別大演習と三股/日中戦争と第二十三連隊/
                      戦線の拡大と第二十三連隊
                3  戦争の長期化と新体制運動
                      国民精神総動員運動/紀元二千六百年記念事業/
                      新体制運動/戦時経済体制の強化
          第4節  太平洋戦争と三股
                1  第二次世界大戦の勃発と太平洋戦争への突入

                      第二次世界大戦の勃発/太平洋戦争の開始/
                      第二十三連隊の中国での動向/第二十三連隊の南方転進/
                      戦局の転換と第二十三連隊の動向
                2  総力戦と崩壊する生活
                      衣料切符制/
                      コラム⑩ 代用食・代用品
                      労働力の徴用/貯蓄運動/政府の人口政策
                3  都城東飛行場の建設と特攻隊出撃
                      都城東飛行場の建設/東飛行場関連施設/特別攻撃隊の出撃
                4  空襲の激化と終戦
                      本土初空襲/宮崎初空襲と都城への空襲/三股の遭難戦没者/
                      本土決戦態勢/終戦/三股の忠魂碑 


 第5編   現代


     はじめに

    第1章  行政・財政・議会
          第1節  行政
                1  戦後の復興と三股町の誕生

                      敗戦と占領統治/民主的諸改革/新しい憲法の制定/
                      地方自治制度の確立と三股町の誕生
                2  発展する三股町
                      役場機構と庁舎の変遷/各種委員会/三股町総合計画/
                      協働のまちづくり/広報・広聴/
                      行政システムの電子化と情報化ネットワーク
                3  町の象徴と記念事業
                      町章及び町花・町鳥・町木の制定/町民憲章/
                      町制施行記念事業
                      コラム⑪ 名球界が三股町にやってきた
                4  平成の大合併と行政改革
                      市町村合併の概要/宮崎県下における市町村合併/
                      三股町を取り巻く合併論議/単独町制という選択/
                      町の存続をかけた行政改革
                5  ふるさと三股と人
                      町制施行後の三役一覧/三股町名誉町民
          第2節  財政
                1  財政の変遷

                      戦後の財政状況/高度経済成長期/
                      安定成長期からバブルの崩壊/バブル崩壊後から現在まで
                2  町の歳入と歳出
                      一般会計・特別会計/ふるさと納税
                3  町有財産と基金
                      町有財産/基金
          第3節  議会
                1  議会の概要

                      議会制度の変遷/三股町議会の概要/常任委員会/
                      特別委員会/議会運営委員会/歴代正副議長
          第4節  選挙
                1  選挙制度と選挙権

                      選挙制度の変遷/公職選挙
                2  三股町の選挙執行状況
                      選挙投票状況/三股町選挙管理委員会/
                      明るい選挙推進協議会
 
    第2章  産業
          第1節  農業・畜産
                1  戦後農業の変化

                      農地改革/農業委員会/農業共同組合/三股町農業共済組合/
                      減反政策と集団転作/三股の農家の現状と認定農業者制度
                2  三股の土地改良
                      土地改良法の施行/三股の土地改良区
                3  三股の農業生産
                      水稲/畑作
                      コラム⑫ 「太陽のタマゴ」
                      コラム⑬ 上水園のバイオ茶
                4  畜産
                      多頭飼育の時代へ/口蹄疫/
                      コラム⑭ 親子二代で成し遂げた全共連覇
                      高病原性鳥インフルエンザ
          第2節  林業・水産業
                1  林業の変遷と概要

                      戦後林野行政の変遷と三股の現状/森林組合の設立/
                      林道整備/製材業・木材業/特用林産物/
                      「ふるさとの森おこし」への取り組み
                2  水産業
                      三股町淡水漁業協同組合/ヤマメ養殖場
          第3節  商工業・観光
                1  商業・工業の変遷と概要
                      三股町の商業/三股町商工会/「ん」のつく町宣言/
                      三股ブランドと六次産業化/
                      コラム⑮ いかに地域に溶け込めるかで真価を発揮する
                                     「どぶろくのまち」
                      三股町の工業
                2  観光
                      三股の祭りと催事/三股の観光資源/
                      コラム⑯ 河童の伝説
                      三股町観光協会
 
    第3章  厚生・福祉
          第1節  厚生
                1  社会保障制度の変遷
                2  国民健康保険

                      国民健康保険制度の概要/三股町の国民健康保険の状況
                3  老人保健制度(高齢者医療制度)と国民年金
                      老人保健制度の概要/三股町の高齢者医療制度の概要/
                      国民年金制度の概要/三股町の国民年金の状況
          第2節  福祉
                1  社会福祉

                      社会福祉の概要/民生委員・児童委員/更生保護/
                      都城地区保護司会三股支部/更生保護女性会
                2  高齢者福祉
                      高齢者福祉の概要/介護保険制度の導入/
                      在宅介護支援センター・地域包括支援センター/
                      訪問介護ステーション「なごみ」/
                      三股町シルバー人材センター/老人福祉施設/
                      三股町立養護老人ホーム清流園/
                      特別養護老人ホーム星空の都みまた
                3  障害者福祉
                      障害者福祉の概要/三股町身体障害者連絡協議会/
                      三股町障害児者連絡協議会「はなみずきの会」/
                      三股町障害者基幹相談支援センター
                4  児童福祉
                      児童福祉の概要/子育て支援の取り組み/児童福祉の計画/
                      三股町子育て支援センター/
                      三股町ファミリー・サポート・センターたんぽぽ/
                      三股町母子寡婦福祉会/保育所(園)の変遷/
                      児童館・放課後児童クラブ
          第3節  「ふ」だんの「く」らしを「し」あわせに
                1  三股町社会福祉協議会のあゆみ

                      三股町ボランティア連絡協議会
                2  三股町立老人福祉センター建設
                3  三股町総合福祉センター建設の経緯
                4  「元気の杜」の取り組み

 
    第4章  保健・医療
          第1節  保健
                1  健康づくりの推進

                      健康づくり対策の変遷/三股町健康管理センター/
                      三股町健康づくり計画「いきいきげんきみまた21」/
                      健康づくり推進員/
                      三股町食生活改善推進協議会・
                      食生活改善推進員(食生活向上員)
                2  生活習慣予防対策の推進
                      「成人病」から「生活習慣病」へ/
                      生活習慣予防に向けた取り組み/
                      特定健康診査・特定保健指導の導入/
                      三股町特定健康診査等実施計画
                3  母子保健対策の推進
                      戦後の母子保健施策の導入/母子保健施策の充実/
                      子育て支援の時代へ/母子保健推進員
          第2節  医療
                1  地域医療の変遷と概要
                2  医療機関

                      伝染病隔離病舎/結核撲滅の対策/国民健康保険診療施設/
                      三股町立国民健康保険病院(町立病院)/
                      都城地域健康医療ゾーン整備事業
 
    第5章  環境・衛生
          第1節  概説
                1  環境行政の概況
                2  三股の環境保全の取り組み

                      三股町環境基本条例と三股町環境基本計画
          第2節  水環境保全の取り組み
                1  三股の水環境行政

                      三股町の上水道事業の変遷
                2  生活排水対策
                      三股町の公共下水道/終末処理場「三股中央浄化センター」/
                      農業集落排水事業/河川浄化対策/浄化槽の普及
          第3節  廃棄物の処理と循環型社会の構築
                1  三股町の廃棄物処理事業

                      ごみの排出と処理状況/ごみ減量化への取り組み/
                      クリーンヒルみまた
                2  三股町のし尿処理事業
                      三股町衛生センター
          第4節  納骨堂と墓地公園
                1  納骨堂の整備

                      各地区の納骨堂
                2  墓地公園建設
                      三股町営「墓苑高才原」
 
    第6章  土木・建設
          第1節  都市計画
                1  都市計画の変遷
                2  三股町の都市計画

                      都市計画の概要/三股町の都市計画道路事業/
                      都市公園の整備/都市下水路の整備/
                      三股町都市計画マスタープラン
                3  三股町の土地区画整理事業
          第2節  道路

                1  三股町の道路の概要
                2  国道・主要地方道・町道

                      国道/主要地方道/町道
                3  橋梁・トンネル
                      橋梁の建設/三股町の石造橋/新矢立トンネルの建設
          第3節  ダム・治水・治山
                1  ダム建設計画

                      仮屋ダム建設計画/高畑ダム建設計画
                2  治水・砂防
                      治水・砂防事業の現況/沖水川治水事業
                3  治山
                      治山事業の現況/治山施設の設置/土砂災害警戒区域
          第4節  住宅
                1  住宅

                      公営住宅の建設/宅地の造成
 
    第7章  治安・消防・防災
          第1節  治安
                1  警察制度の変遷

                      戦後の警察制度/町内における変遷
                2  警察署・交番(駐在所・派出所)
                      都城警察署の概要/町内の交番(駐在所・派出所)
                3  交通安全
                      交通安全の概況/三股町の交通安全状況
                4  犯罪の状況と防犯組織
                      刑法犯罪の状況/防犯組織・諸団体
          第2節  消防
                1  消防の沿革と概要

                      消防制度の変遷/広域消防
                2  三股町消防団
                      三股町消防団の概要/消防設備の充実/ 消防団員の確保
                      コラム⑰ 消防操法大会
          第3節  防災・災害
                1  防災対策・危機管理

                      三股町地域防災計画/防災行政無線の設置/
                      三股町防犯・防災マップ
                2  災害
                      地震災害の記録/豪雨災害の記録/台風被害の記録/
                      降灰被害の記録
 
    第8章  交通・通信・エネルギー
          第1節  交通
                1  鉄道

                      三股駅/
                       コラム⑱ 三股駅前の「にぎわい」再生をめざして
                      餅原駅
                2  路線バス
                      路線バスの変遷/三股町コミュニティバス「くいまーる」
          第2節  通信
                1  郵便

                      郵便事業の沿革/郵政業務と三股
                2  電信電話事業
                      三股町における電話の普及/農村集団電話施設事業
          第3節  エネルギー
                1  エネルギー政策
                2  電力事業の変遷

                      都城地方の電力網の普及/三股の電力事情
 
    第9章  教育
          第1節  教育行政の変遷
                1  戦後の教育改革

                      学校の再開/GHQの教育改革指令と奉安殿の除去/
                      墨塗り教科書/学制改革/教育委員会の発足/
                      三股町教育委員会の発足/教育委員会制度の見直し
                2  教育の進展
                      義務教育の整備/戦後の学校給食/
                      三股町立学校給食センター/食育の推進/
                      「弁当の日」の実践/ゆとりある充実した学校生活の実現/
                      地域に開かれた学校づくり/学校評議員制度と学校評価の導入
                3  三股の教育理念
                      教育委員会制度の変遷/三股町教育大綱
          第2節  学校教育
                1  子どもたちの成長を願って

                      三股西小学校の創設/複式学級解消から副担任制へ/
                      学びの場の選択/小規模特認校制度と調整区域制度の導入/
                      スクールバス「みまたん学校バス」の導入/
                      特殊教育から特別支援教育へ/特別支援教育支援員の導入
                2  三股の特徴を活かした教育体制づくり
                      小中一貫教育/
                      「みまたの日」の導入と「児童生徒憲章」の制定/
                      幼保小中連携推進協議会/
                      教育の日の制定と文教みまたフェスティバル/
                      コラム⑲ 宮村小学校子ども郵便局
                3  新たな時代へ向けて
                      三股町教育研究所の取り組み/校務支援ソフトの導入/
                      情報教育の充実
          第3節  生涯学習
                1  社会教育から生涯学習へ
                2  三股町の生涯学習理念
                3  公民館

                      通牒「公民館設置運営について」/三股町地区公民館構想/
                      公民館主催教室/自治公民館制度
                4  青少年教育
                      青少年教育の概要/青年団活動/
                      ふるさと振興人材育成国内海外派遣事業/
                      子どもの明るい未来創造事業
                5  成人教育
                      壮年連絡協議会/女性団体連絡協議会/長寿学園/
                      PTA協議会
                6  家庭教育
                7  子ども会育成連絡協議会
                8  人権教育
                9  青少年健全育成
          第4節  生涯スポーツ
                1  概説
                2  三股町のスポーツ振興

                      三股町のスポーツ振興の概要/三股町スポーツ振興基本計画/
                      三股町アグレッシブタウン基本構想
                3  組織
                      スポーツ推進委員/体育協会/スポーツ少年団/
                      総合型地域スポーツクラブ
                4  三股のスポーツイベント
                      町民スポーツ祭/駅伝大会/
                      コラム⑳ 宮崎県市町村対抗駅伝競走大会
                      みまたん霧島パノラマまらそん/武道大会
          第5節  文化振興・文化財
                1  三股町文化協会
                2  三股町総合文化施設

                      建設までの経緯/三股町立文化会館/
                      コラム㉑ 演劇のまち三股
                      三股町立図書館
                3  文化財
 


  

お問い合わせ先
教育課 生涯学習係
電話 0986-52-9311

1.三股町指定文化財


  (1)都城島津三代北郷久秀・弟忠通の墓


 北郷久秀・忠通兄弟の墓
 

 種  別   史跡
 形  式   五輪塔  久秀墓の高さ:130㎝  忠通墓の高さ:132㎝
 所 在 地   大字長田字中原 大昌寺跡
 指定年月日   平成元年(1989)11月3日


< 概 略 >   
  これは、五輪塔()と呼ばれる石塔()の一種で、右側が北郷久秀、左側が弟忠通のお墓です。遺骨()が納められているわけではなく、供養塔()す。凝灰岩()で造られており、町内に現存する五輪塔の中では良好な状態にあります。造立()年代は不明です。大昌寺は、北郷久秀・忠通兄弟の菩提寺()で、梶山小学校の北側にある梶山()()跡(杉山)の南西()に所在しましたが、明治時代初めの廃仏()毀釈()により廃寺()となりました。 
  では、都城島津家(北郷家)三代目当主のお墓が三股町にあるのはなぜでしょうか?
  それは、応永()元年(1394)に起こった梶山城での合戦(梶山合戦)に起因()します。
  北郷兄弟が亡くなる2年前の明徳()3年(1392)に南北朝の合一()は成りましたが、南九州では争乱の火種がくすぶり続けました。南朝に属していた島津家と北朝(九州探題)との抗争は継続しており、その一つが梶山合戦でした。忠通は応永元年の2月17日に討ち死にし、久秀も同年3月7日に重傷()()い、石に腰掛けたまま絶命()しました(当地に腰掛石()が伝わっています。写真はこちら)。
  梶山城で戦死した兄弟の菩提を()うために、父義久()(二代目当主)が大昌寺を建立()し、歴代()住職()に守られた結果、2人のお墓は現代に伝わっているのです。
                   


 
  (2)樺山どんの墓


樺山どんの墓
 

 種  別   史跡
 形  式   五輪塔
 所 在 地   大字樺山字蔵元  中米満地区
 指定年月日   平成元年(1989)11月3日

< 概 略 >
  樺山どんとは、樺山氏初代資久と伝えられています。樺山資久は、島津本宗家第4代当主忠宗の五男で、三股町樺山の地名を取り、名字を島津から樺山に改称 しました。樺山を統治する上で館を構えたのが樺山城 (現在上米公園)といわれていますが、不明な点が多く残っています。樺山どんのお墓は、都城島津三代北郷久秀・弟忠通のお墓に比べると、五輪塔の内、地輪と水輪が残っているだけで、決して保存状態が良好とはいえません。しかし、三股町樺山のパイオニアとも言うべき重要人物のお墓という点で、三股町にとって貴重な文化財であるといえます。ちなみに、北郷氏(都城島津氏)初代資忠は樺山資久の一つ下の弟です。男子に恵まれなかった資久は、弟資忠の次男音久を養子にもらい家督を継がせました。島津氏の略系図はこちら(PDF文書: 55KB)
 

  (3)蓼池かくれ念仏洞

蓼池かくれ念仏洞(遠景)

 種  別   史跡
 形  式   洞穴
 所 在 地   大字蓼池字北畑  国道269号線沿い
 指定年月日   平成元年(1989)11月3日

< 概 略 >
蓼池かくれ念仏洞
  かくれ念仏洞の入口(?)付近の写真です。この洞穴(「ガマ」という)の中は、指定の時は高さ90㎝、奥行3m40㎝、横幅1m90㎝となっていますが、元来はもっと広かったと思われます。三股町では蓼池の他に小鷺巣にも念仏洞があったそうです(未確認)。なにぶん秘密に信仰されましたので、未確認の念仏洞はまだまだあるでしょう。

讃誓費
  右写真の記念碑は、同地に建つ讃誓費です。
  昭和8年(1933)に建立されました。讃誓とは、先人の遺徳をたたえ、その志を後世に伝えることを誓ったと解釈できるでしょう。

「かくれ念仏」「仏飯講」などについて簡単にまとめました。(PDF文書:3.44MB)

 


  (4)日州梶山番所跡

梶山番所跡(遠景)

 種  別   史跡
 所 在 地   大字長田字諏訪原  梶山地区
 指定年月日   平成2年(1990)4月1日

< 概 略 >
  写真は、番所跡付近を県道33号線沿いに東から西に向け撮影したものです。梶山地区の切寄に当たります。番所跡を標示するものは、写真左に見える白い標柱のみで、寺柱番所跡に比べると寂しい整備状況です。
  日州とは日向の国のことで、梶山は江戸時代を通して都城島津家領でした。薩摩藩は藩境に9ヶ所の陸地番所を設けていましたが、その内2ヶ所が三股町にありました。梶山では、薩摩藩から飫肥藩に通ずる板谷往還の警備が目的であり、人々や物資の流通に対して厳重な取締りが行われました。また、飫肥藩に対する藩境警備を含んでいたことから、三股町が重要な地域であったことを物語っています。また、『三股町史 改訂版』では、間道の警備として、細目、諏訪、野首の3ヶ所に辺路番所が設置してあったとしています。間道とは、裏道や脇道のことで、その通行も取締りの対象でしたので辺路番所が設置されたのです。
  薩摩藩の陸地番所(9ヶ所)について『庄内地理志』巻53を見ますと、

                改御番所
                御領国諸所他国通路改御番所
                   薩州出水野間之原    薩州大口小河内
                   日州加久藤榎田村     日州野尻紙屋村
                   日州高岡去川村       日州都城梶山
                   日州都城寺柱村       日州志布志八郎ケ野
                   日州志布志夏井村    以上九ケ所陸地番所


とあります。また、陸に対し、海側監視もぬかりのないように異国船番所と呼ばれるものを設置していました。
  薩摩藩は、北の陸地側は陸地番所を、東・西・南の海側は異国船番所・津口番所・遠見番所などを設置し、すべての方位の藩境を監視していたことになります。番所の統括は、薩摩藩直轄でしたが、元文元年(1736)8月以降は都城領主に一部委任され、都城島津十九代久龍の時から私領・直轄領を含む全藩境の約2分の1を統括するという重責を担いました。

●梶山街道と寺柱街道

梶山街道    寺柱街道


  左の写真は、都城市に設置してある「梶山街道」(県道33号線)の標柱です。場所は、都城警察署のある交差点を三股町(南進)に向かうと、すぐ二股に道路が分かれていますが、直進するとすぐ右手に標柱(左写真)があり、右斜め道路(南側)に向かうとすぐに「寺柱街道」(右写真)の標柱が見えます。
   梶山街道は、道なりに直進すれば梶山番所跡に至りますが、寺柱街道は直進しても寺柱番所跡には至りません。史跡位置図を参考にしてください。宮村小学校を目指せば簡単にたどり着けます。
  両街道とも梶山や寺柱の方の話では、戦前まで松並木が残っていたそうです。戦中・戦後において燃料として伐採されたのでしょう。現代では旧街道を思い浮かべられそうな場所は残念ながら見当たりません。
  


 
   (5)日州寺柱番所跡

寺柱番所跡

 種  別   史跡
 所 在 地   大字宮村字尾崎  寺柱地区
 指定年月日   平成2年(1990)4月1日

< 概 略 >
  寺柱番所跡は、宮村小学校から東へ500m程の場所にあります。寺柱番所は都城来住口を東に向かう寺柱街道の終点にあり、梶山番所と同様に飫肥藩への藩境警備(通行人や物資の流通の取り締まり等)が主な任務でした。また、『三股町史 改訂版』の84ページには、間道の警備として、前畑、小鷺巣、高畑の3ヶ所に辺路番所が設置してあったと書かれています。ただし、この3ヶ所の辺路番所については考察の必要があります。例えば、高畑は江戸時代には勝岡郷に含まれていました。現在の行政区画でも大字樺山字高畑であり、大字宮村ではありません。ちなみに、勝岡郷は鹿児島本家の直轄領でした。

寺柱番所絵図
『庄内地理志』巻55  寺柱番所絵図
都城市教育委員会所蔵・提供(平成19年6月15日掲載許可)


  この絵図は、都城の百科全書とも言うべき貴重な史料『庄内地理志』の巻55に掲載されているものです。
  『庄内地理志』全113巻(103巻が現存)は、江戸時代に都城島津家が独自に編纂したもので、当時都城島津家領であった寺柱・梶山のことも詳細に書かれています。三股町は史料が少なく、都城島津家史料に頼らざるを得ないのが現状です。『庄内地理志』が都城市により翻刻され、『都城市史 史料編 近世1~5』として刊行されたことは、三股町にとっても歴史解明の財産となっています。寺柱番所絵図は、『史料編 近世2』に収録されており、巻頭口絵及び本文の1263ページに掲載されています。
  絵図について若干の補足を加えますと、右(西)からの道が宮村小学校前から続く道路で、中央の番所の門をくぐり左上へ抜けていく道(大道と書き込んであります)が飫肥(日南市)へと続く道です。この道(大道)は、前掲写真で左端に見える道路に該当します。現在は人家が建っていますので、通り抜けできません。

●牛之峠を越えて飫肥領へ
  飫肥(日南)へ行くには、寺柱番所を通り、牛之峠を越えなければなりませんでした。
  ただ、現代のように気軽にお隣の市町村へ行くという感覚ではありません。自藩から他藩への行き来というのは、外国に行くという表現が合うのかもしれません。それは、庄屋から番所宛に発行された証文(往来手形など)の内容から推察されることで、証文には住所・氏名・年齢・性別・職業・目的・宗派などが記載されているのです。パスポートでもここまでは記載されていません。さらに、所持金の有無や職業によっては所持品の検査も行われ、薩摩藩への入領についても様々な制限が加えられていました。

  現在は番所跡から牛之峠へ抜けることは不可能であると前段で触れました。ただし、別ルートの高畑林道を車で上がれば、途中からではありますが、牛之峠登山は可能です。牛之峠については別項をご参照ください。余談ですが、地元の方の話では、昭和初期まで日南往復に番所跡~牛之峠越えの道を使っていたそうです。驚くべき健脚です。

  寺柱番所が梶山番所と異なる特徴として挙げられるのは、幕府巡見使の通り道であったことでしょう。幕府巡見使は、寛永10年(1633)を初めとして9回通ったようです。幕府巡見使についてはこちら(WORD文書:52.5KB)をご参照ください。
        



    ○三股町指定文化財位置図
            ~Googleマップにリンクさせています。ご参照ください。



 

お問い合わせ先
教育課 生涯学習係
電話 0986-52-9311


2.中世城館

  (1)梶山城跡
梶山城跡
梶山城跡を南側上空から撮影
梶山城跡縄張り図
梶山城縄張り図

 

  梶山城跡について簡単な説明資料を作成しました。内容は、上段空撮の写真や縄張り図に関する説明と、都城島津家伝来史料の中から梶山城の古絵図2点、『庄内地理志』に見られる梶山城の姿を紹介しています。
 

梶山城跡説明資料(PDF文書:860KB)




  (2)勝岡城跡
勝岡城跡
勝岡城跡北側入口
勝岡城略図(『三股町史 改訂版』より)

  

  勝岡城跡について簡単な説明資料を作成しました。勝岡城については、絵図や縄張り図はなく、上掲の『三股町史 改訂版』掲載の略図しかありません。研究が進んでいないのが現状です。

勝岡城跡説明資料(PDF文書:641KB)

 



  (3)樺山城跡
樺山城跡遠景(現在上米公園)
樺山城跡
樺山城跡記念碑

 

  樺山城跡について簡単な説明資料を作成しました。樺山城は現在、春に桜まつりでにぎわう上米公園となっています。樺山城が若干の遺構を残している点は下記の説明資料の中で触れています。樺山城は本ホームページの「1.三股町指定文化財」の中の(2)樺山どんの墓とも関連します。

樺山城跡説明資料(PDF:561KB)

 



  (4)北殿城跡
北殿城跡
北殿城跡を北西から撮影
 「北殿城跡・地頭屋敷絵図」(『庄内地理志』巻99)
 都城市教育委員会所蔵・提供(平成19年6月15日掲載許可)

 

  北殿城跡について簡単な説明資料を作成しました。北殿城は、『庄内地理志』巻99で伝わる以上のことは不明な点が多く、山城というより居館に近い規模のものです。地元で伝承されてきた城跡のようで、『庄内地理志』の編者は「北殿=島津久照」という推測を立てています。詳しくは説明資料をご覧ください。
 

北殿城跡説明資料(PDF:470KB)




 三股町の中世城館と「都城十二外城」

  三股町の中世城館は、上記で紹介したとおり4箇所確認されています。もちろん、元和元年(1615)に江戸幕府より出された一国一城令ですべて廃城となっています。さらに、山城ですので、現地に建造物等は一切なく遠目にはただの山にしか見えません。もちろん、現地を踏査すれば山城特有の遺構を確認できるのですが、すべての山城が一部破壊を受けており、整備も進んでいないのが現状です。



  三股町の中世城館や都城12外城について一覧表を作成しました。また、都城盆地の中世城館について簡単な略地図を都城歴史資料館作成の地図を基に加工したものを掲載しております。

三股町の中世城館一覧及び都城十二外城説明資料(PDF:331KB)


  ※「7.都城北諸文化情報誌」-『おてんじょだけ』第2号(PDF:971KB)で中世城館を取り上げています。合わせてご覧ください。
 



 
お問い合わせ先
教育課 生涯学習係
電話 0986-52-9311


3.牛之峠関連

  (1)牛之峠論所跡

牛之峠論所跡の石柱
牛之峠論所跡の石柱

<概略>
牛之峠論所跡の石柱は、「従是東飫肥領(これよりひがしおびりょう)」と刻字されています。論所とは境界争いがあった場所を指し、論地ともいいます。
薩摩藩と飫肥藩による境界争いは、寛永4年(1627)から延宝3年(1674)まで48年続き、江戸評定所の裁定により島津方の敗訴で決着がつきました。



  (2)一等三角点・天測点
 

牛之峠一等三角点付近
牛之峠一等三角点付近(眺望は得られません)

牛之峠一等三角点
牛之峠一等三角点

天測点
天測点
 

<天測点について>
天測点は、天文測量のために設置され、天測点自体は測量機器の重量に耐えられるようにコンクリートで作られたそうです。
すべての天測点の台上部には指標鋲があり、側面には「第何号 天測点 地理調査所」と書かれた銘板が取り付けられています。
昭和26年から33年までの5年間で全国48箇所に天測点は設置され、牛之峠のものは昭和33年(1958)に設置されました。

 



  (3)中之峠御茶屋跡
 

中之峠御茶屋普請絵図
中之峠御茶屋普請絵図(『庄内地理志』巻55所収)
都城市教育委員会所蔵・提供
中之峠四等三角点がある付近と思われます。
 


 
お問い合わせ先
教育課 生涯学習係
電話 0986-52-9311


4.田の神さあ

(1)田の神さあについて

  「田の神さあ」(タノカンサー)は、農耕の神として農民の間で信仰を集めてきました。日本では古くから米作り農業を基盤として生活を営んできましたので、全国的に「田の神信仰」が見られます。しかし、田の神の石像については、薩摩藩内(宮崎県の諸県地方を含む)のみの文化であると言われています。また、享保年間に作られた銘文のある田の神像には、武士身分の名前が確認されることから、薩摩藩主導のもとに田の神石像が作られたのではないかという指摘もあります。

1.「田の神さあ」への祈り
  農民は、五穀豊穣を祈り、その種まきの神として田の畦に神像を据えたようです。時代が経つにつれ、農民の神として大衆化し、現在見られるような親しみやすい姿になりました。「タノカンサー」という呼び方からも親しみが感じられます。

2.田の神石像の分布
  現存する最古の田の神石像は、鹿児島県薩摩郡鶴田町紫尾のもので、宝永2年(1705)の銘を持つ仏像型の石像です。ちなみに、宮崎県内で最古のものは享保5年(1720)銘を持つ小林市真方新田場の神官型の田の神石像です。
  これらのことから分かるのは、仏像型の田の神石像は薩摩半島の北側から発生し、その分布を広げたと言え、神官型の田の神石像は諸県地方から発生しその分布を広げたということです。後には混在していきます。実際に三股町の田の神石像は神像型(神官型)の系統が多数見られます。

3.三股町の「田の神さあ」
  現在把握されている三股町の田の神石像は18体ですが、発見されていないものもあるでしょう。「(2)三股町の田の神さあ」で作成した資料は17体分です。残り1体は、『みまた歴史散歩』(桑畑初也著作・発行)の16ページに掲載されていますが、確認できませんでした。

4.「オットイタノカンサー」について
  「オットイタノカンサー」とは盗んだ田の神様という意味で、なぜ盗むのか(実際は借りる)については、理由は様々のようです。
  「田の神」石像が作られ始めた経緯については既に述べましたが、新しく水田が開発された時や、新しくできた村で田の神のない村では田の神のオットイを計画するそうです。これは、村の者全体の意志として決定され、後に返しに行く時に持参する謝礼の方法等まで、詳しく討議し、決定された上で若い者がオットイに派遣されるわけです。それが分かっているから盗まれた方も詮索をしないし(置手紙等がある)、盗んだ方も約束を守る、そんな風習があったようです。また、他の地区の村人は皆仲が良く、よく働いて作物もよくできる、そういった村があると聞いた時に、それはその村の「田の神さあ」が良いからだということで、そこの「田の神さあ」にあやかるために「オットイ」を計画するようです。
  しかし、今述べたようなルールは古い時代はよく守られたようですが、時代が進むにつれてそのルールは守られなくなり、帰ってこない田の神になり、ついにはオットラレないようにセメント付けになったものも多いようです。

5.田の神舞(タノカンメ、タンカンメ)について
  南九州の各地で見られ、神楽の中でも最も親しまれる舞の一つでした。現在では、なかなか見る機会も少なくなりました。
  春と秋の年2回、田の神祭りが行われ、その日を田の神講の日としてお祭りを行ったようです。その日は、田の神に化粧をし、当番の家に集って田の神祭りを行い、その中で、田の神舞が踊られたそうです。

6.田の神の型・変遷について
  石像の型の呼称は、研究者によって違っていたり、宮崎と鹿児島で違っていたりと、統一されていないのが現状のようです。

  ○仏像型系統(北薩地方から発生)の変遷
        仏像型(地蔵型)→僧型→旅僧型
  ○神像型系統(小林市、高崎町から発生)の変遷
        神像型(神官型)→神職型→神舞神職型→田の神舞型(農民型)

  系統の変遷を見ますと、「仏様から人間へ」「神様から人間へ」と徐々に人の姿に近づき、親しみのある庶民的な神仏へと変遷を遂げたと言えます。その他に、道祖神的並立型、女人像型、陽石型、自然石等があるようです。
 

  (2)三股町の田の神さあ

      位置図(PDF:1.67MB)

      データ:上掲位置図内の番号と下記データ番号の田の神が一致します。
番号 所在地 ファイルサイズ 番号 所在地 ファイルサイズ
長原  150KB 城下  146KB
水戸口  395KB 岩下  109KB
崎田  119KB 塚原  384KB
迫間  126KB 大工原  543KB
野中  99KB 原田  108KB
松田  91KB 上小石  544KB
村ノ前1  126KB 畑田  101KB
村ノ前2  101KB 岩切  未確認
徳枡  455KB 坊ケ野  492KB

                                                                   ※すべてPDFファイルです

      代表的なもの(画像をクリックすると拡大します)

長原の田の神 野中の田の神
長原の田の神(長田地区) 野中の田の神(蓼池地区)
上小石(堂領池)の田の神 徳枡の田の神
上小石の田の神(堂領池) 徳枡の田の神(勝岡地区)
原田の田の神 天神(塚原)の田の神
原田の田の神(上米地区) 天神の田の神(塚原)

  



お問い合わせ先
教育課 生涯学習係
電話 0986-52-9311


5.石橋
 
  (1)梶山橋


梶山橋(めがね橋)1
沖水川上流(東側)から
 

梶山橋(めがね橋)2
沖水川下流(西側)から
 

<概略>
梶山橋は、梶山と中野地区を結ぶ石橋として昭和16年(1941)11月に建設されました。



  (2)轟木橋

轟木橋(太鼓橋)
 

<概略>
轟木橋は一連アーチですので別名太鼓橋とも言います。昭和18年(1943)に建設されました。

 



  ○長田峡

長田峡1
 

長田峡2
 

<概略>
長田峡は、大八重乱レ淵から梶山の矢ケ淵まで10kmにも及ぶ長い峡谷です。上写真の滝のように見える場所は、人工のものですが、景観として美しく夏場は涼を得るには絶好の場所です。

  



お問い合わせ先
教育課 生涯学習係
電話 0986-52-9311


6.民俗芸能
 
  ○
三股町の民俗芸能について

      概略版(PDF:157KB)
      ● 早馬まつり(三股町HP内リンク)
      『広報みまた』2010年11月号のP.2~3P.4~5(三股町HP内リンク)

    <参考リンク> 
        ● ふるさと再発見(2) みやざきのうたと芸能101
                   ~ 宮崎県庁HP : 教育・文化 : 文化
 


お問い合わせ先
教育課 生涯学習係
電話 0986-52-9311


7.都城北諸文化情報誌 『おてんじょだけ』

  この情報誌は、都城市・三股町・山之口町・高城町・山田町・高崎町の1市5町の社会教育・文化財担当合同で作成したものです。主に、小中学校に配布し、歴史教材として活用していただくことを目的としました。平成18年の1市4町の合併により、都北社会教育協会(その中の文化振興部会)が解散したことにより、『おてんじょだけ』は廃刊となりました。

  ただ、広域な文化情報誌ということもあり、このまま埋もれさせるのは惜しいと考え、電子化し公開した次第です。残念ながら、創刊号から第3号までは印刷物をスキャナーしたものですので、見えにくい部分や汚れが目立ちます。ご容赦ください。
 
号  数 内  容 ファイルサイズ
創刊号 管内情報 PDF:652KB
第2号 中世城館 PDF:971KB
第3号 田の神 PDF:954KB
第4号 郷土芸能 PDF:674KB
第5号 代表的な文化財 PDF:657KB
第6号 戦争関連 PDF:1,913KB

  


 

お問い合わせ先
教育課 生涯学習係
電話 0986-52-9311


--- 町内の企業 ---

--- 町外の企業 ---

リンク
三股町ふるさと納税
みまた~ん.com
三股町立文化会館
三股町立図書館
広報みまた
くいまーる
協働のまちづくり
toto