長原の田の神(長田地区)

三股町 2017年3月13日

この田の神は、大野農村広場の東方約200メートルの田んぼの土手にあります。かなり小型で稲穂が伸びると隠れてしまいます。町内では作成年代の分かる数少ない田の神で、左肩辺りに「大正六年  森田貞則  建設」の刻字が確認できます。この田の神のように、シキを被り、メシゲやお碗を持つというのが農民型の典型です。

型    式

農民座像型

像    高

35センチ

被 り 物

 シキ

持 ち 物

右手:メシゲ(しゃもじ)  左手:お碗

建立年代

 大正6年

住所
三股町大字長田字長原