トップ  >  2014年  >  3月  >  演劇ワークショップ「みまた座」10期生 本公演『ゆめとうつつのここらへん』
演劇ワークショップ「みまた座」10期生 本公演『ゆめとうつつのここらへん』
公演日 2014年3月30日 開演時刻 11:00・15:00
販売・予約開始日 2014年2月28日 9:30 会場 三股町立文化会館 ホール
料金 小学生以上/300円(当日同料金)
未就学児/無料
ご注意ください ※2回公演
※上演回指定
※全席自由
※前売にて完売の場合「当日券」は販売しないことがあります
お問い合わせ先 三股町立文化会館 ℡0986-51-3462
 
演劇ワークショップ みまた座 10期生 本公演「ゆめとうつつのここらへん」


 

詳しい内容はこちらもご覧ください(フライヤー)

 演劇ワークショップ「みまた座」10期生 本公演『ゆめとうつつのここらへん』(PDF:1,632キロバイト)

PDF文書を見るためには、お手持ちのパソコンにAdobe Reader(アドビリーダー)をインストールする必要があります。下のアイコンをクリックしてAdobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。(無償です)

Adobe Reader


 

日時 

 2014(平成26)年
 3月30日[日]11時00分★ ・15時00分★
  ※開場時刻は開演30分前
  ※2回公演(上演内容は同じ)
  ★=アフターイベント/出演者・みまた座演劇監督らによる「アフタートーク」を開催します

 

料金 

 小学生以上/300円
 未就学児/無料
  ※上演回指定
  ※全席自由
  ※前売にて完売の場合「当日券」は販売しないことがあります

 

チケット販売開始 

 2月28日[金]9時30分
 
 

WEB予約

 ■予約受付期間
  2月28日[金]9時30分~3月29日[土](前売にて完売の場合はその時点で受付終了となります) 
 
 ■予約方法
  下の中から、お求めになりたいチケット種の『予約する』をクリックすると、『予約フォーム』が表示されます。
  必要事項をご記入の上、送信してください。
  ※WEB予約の詳細は「聞きたい>よくあるご質問>「WEB予約」とはどういったものですか?」もご参照ください。
 

 予約受付開始:2月28日[金]9時30分 3月30日[日]
11時00分開演★ 15時00分開演★
小学生以上/300円 11時00分/小学生以上/300円 「クリックするとご予約用のフォームが立ち上がります」 15時00分/小学生以上/300円 「クリックするとご予約用のフォームが立ち上がります」
 ★=アフターイベント/出演者・みまた座演劇監督らによる『アフタートーク』を開催します。


プレイガイド 

 ■三股町立文化会館
  ・WEB予約=上の表からお求めの『予約する』をクリックし(予約フォームが表示されます)、必要事項を記入して送信してください。
  ・電話予約=℡0986-51-3462 へお電話ください。
  ・文化会館チケットカウンター=直接お求めいただけます。
   (月曜[祝日の場合は火曜]を除く 9時00分~17時00分[夜間に催事がある場合、時間はこの限りではありません])
  
 

出演

 ●演劇ワークショップ「みまた座」10期生(小中学生25人):
  池澤碧海 上之薗りりか 岡井葉瑠彩 亀田心 河野結衣
  桐野寛大 工藤綾乃 桒畑匠冴 後藤花奈 木場菜月 
  小牧葵 下沖悠人 下田美雨 田代小夏 恒吉天音
  恒吉音羽 津曲桜 中神萌々音 奈須千緒里 中前月那
  中村海 中村里桜 福島萌花 別府慎吾 前原日和
 ●演劇ワークショップみまた座 卒業生
 ●劇団こふく劇場:
  あべゆう かみもと千春 濵砂祟浩 大浦愛 大迫紗佑里

 

 

 米澤怜美(24年度三股町立文化会館戯曲講座受講生、高校2年生・みまた座2~8期在籍)

  

構成・演出

 永山智行(演劇ワークショップみまた座演劇監督・劇団こふく劇場)
 
 

あらすじ

 学校でもない
 家でもない
 なんだかよくわからない不思議な森の中に
 そこはあった

 夢でも
 現実でもない
 その場所に
 不思議な人たちと
 ちょっと一息つきたい人たちが
 おかしな授業を受ける
 おかしな小学校があった

 森のお祭りのある
 今日
 そんな森の小学校でみんなは
 歌い踊るのだった…


 

17歳が描く世界を40人の役者たちで上演
“ゆめとうつつのここらへん”

 みまた座が、毎年3月、その年の集大成として上演しています「本公演」。
 上演する作品は、毎年、その前の年度の「三股町立文化会館戯曲講座」の受講生一人に、書き下ろしをお願いしています。
 今年、10期生が上演する作品は、24年度戯曲講座受講生の中から、みまた座2~8期OGの高校2年生、米澤怜美が筆をとりました。
 過去最多となった10期生25人に加え、節目を祝うべく卒業生も出演。こふく劇場の役者たちと織り成す、出演者総勢40人の舞台。
 いったいどんなドラマが繰り広げられるのか? 
 “ゆめとうつつのここらへん”とはいったいどこなのか?
 子どもの公演とあなどるなかれ。みまた座で7年間を過ごし、独特の感性を磨いてきた17歳、現役の高校演劇部員が描き出す世界は必見です!
 どうぞご期待ください。 

 

毎年好評を博す「みまた座 本公演」も10回め!
たくさんの、「いま」、と、ともにお過ごしください! どうぞお見逃しなく!!
 

 節目となる10期生は過去最多の小中学生25人が在籍しています。
 6月からにぎやかに稽古してきた集大成がこの「本公演」です。

 今年の本公演は、
 10年間元気いっぱい活動してきたみまた座の、いま、
 10年間のみまた座を通じて育ち続ける若者たちの、いま、
 10年間で大きく羽を広げ輝きを増し続ける劇団こふく劇場の、いま、
 そして、10年間歩み続けた三股町立文化会館の、いま、
 そのものです。

 どうぞ皆さま、
 ここ、わが町の劇場三股町立文化会館で、
 たくさんの『いま』と、ともにお過ごしください。

 毎年好評を博す「みまた座本公演」。
 どうぞお見逃しなく!
 皆さまのご来場、心よりお待ちしています。
 
 

演劇ワークショップ「みまた座」 

演劇ワークショップ みまた座 10期生


三股町立文化会館が毎年6月から3月に開く小中高生対象の演劇ワークショップ。平成16 年に旗揚げ。延162 人在籍。演劇監督に永山智行を迎え、指導は三股町立文化会館フランチャイズカンパニーである劇団こふく劇場の劇団員が担う。毎年上演する本公演は戯曲講座受講生が書き下ろすなど、その存在は連結を誇る三股町立文化会館創造系事業の中核を成す。一連の事業は高く評価され「平成24 年度地域創造大賞(総務大臣賞)」の受賞に至った。みまた座は三股町立文化会館の基本理念「思い育み知の創造」の姿そのものであり、大切な宝である。

◎演劇ワークショップ「みまた座」は、
 たくさんの方々のご支援のおかげをもちまして、
 今年、開設10年めを迎えることができました。
 これからも応援のほど、よろしくお願いいたします。
 

 

 

原画

 桐野莉可子(みまた座2~5期在籍)

 

主催

 三股町・三股町教育委員会

   

協力

 演劇ワークショップ「みまた座」10期生保護者会
 みまたん放課後倶楽部Ikuz0

    

詳しい内容はこちらもご覧ください(フライヤー)

 演劇ワークショップ「みまた座」10期生 本公演『ゆめとうつつのここらへん』(PDF:1,632キロバイト)

PDF文書を見るためには、お手持ちのパソコンにAdobe Reader(アドビリーダー)をインストールする必要があります。下のアイコンをクリックしてAdobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。(無償です)

Adobe Reader