トップ  >  借りてたのしむ  >  利用案内

利用案内


会館ホール
 
Ⅰ.使用申し込みについて
1.使用できる時間と区分 
□9時00分から22時00分まで
 ・用具搬入や仕込み(準備)、後片付けや搬出に要する時間も含みます。
□時間帯の区分は下記のとおりです。
[会館ホール・付属施設とも]  ※付属施設=「練習室、会議室、楽屋等」
区分 呼称 時間帯
午前 9時00分~12時00分
午後 13時00分~17時00分
夜間 18時00分~22時00分
午前+午後 AB 9時00分~17時00分
午後+夜間 BC 13時00分~22時00分
全日 ABC 9時00分~22時00分

   
2.休館日 
□毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
□12月28日~1月4日
※このほか、設備の保守点検・整備作業等のため、臨時に休館する場合があります。
 
3.空き状況の確認 
□電話(℡0986‐51‐3462)でご確認ください。
※「使用申し込み」は電話では行えません
※確認できるのは「空き状況」のみです。使用予定の内容(申し込んでいる方や団体の名称、催し内容の詳細など)についての情報はお教えできません。
 
4.使用申し込みの受付期間 
[会館ホール]
□使用予定日の1年前の同日から7日前まで
[付属施設]
□使用予定日の3カ月前の同日から前日まで
※付属施設のみの使用を許可した後、同時間帯に会館ホールの使用申し込み等が入った場合、付属施設のみの使用許可は取り消すことがあります。
この場合、キャンセル料は発生しません。
 
5.使用申し込みの受付場所・時間 
□場所:三股町立文化会館 事務室
    (〒889-1901 宮崎県北諸県郡三股町大字樺山3404‐2)
□時間:休館日を除く9時00分から17時00分まで
 
6.使用申し込みの方法 
□『使用許可申請書』に必要事項を記入し、代表者押印の上、申し込みます。
□『使用許可申請書』は文化会館にあります。ダウンロードでも入手できます。ダウンロードはこちら(PDF:57.34KB)
□使用申し込みは先着順です。
□受付初日9時00分の時点で複数の申し込みがある場合は抽選となります。  

使用料の納入・使用許可 
□施設使用料は「前納」です。申し込み後に発行する『納付書』で、すみやかに納入してください。
□納入確認後、『使用許可書』を発行します。
※『使用許可書』は「事前打ち合わせ」(後述)の際にお渡しします。なお、使用日にはご持参ください。
※付属設備と備品、および追加で使用した付属施設の使用料は、精算後に『納付書』を付けてお知らせしますので、納期限までに納入してください。
 
譲渡・転貸の禁止 
□使用許可は第三者へ譲渡・転貸はできません。
 
使用の変更 
□使用許可後、日時や入場料など、申込内容の変更を行うときは、すみやかに会館にご連絡ください。
□原則として使用者の都合による日時変更は、キャンセル料(後述)が発生します。
  
10.(教育委員会による)使用の取消・停止・変更 
□使用を許可した者(以下「使用者」)が、下記に該当するときは、使用許可後でも教育委員会が許可を取り消しまたは停止、使用条件を変更することがあります。
 ・条例、規則等に違反したとき・使用許可条件に違反したとき・虚偽その他不正な手段で使用許可を受けたとき・その他、施設の管理上支障があるとき
□付属施設のみの使用を許可した後、同時間帯に会館ホールの使用申し込み等が入った場合、付属施設のみの使用許可は取り消すことがあります。この場合、キャンセル料は発生しません。
  
11.使用者によるキャンセル 
□使用者の都合により、使用をキャンセルしたいときは、すみやかに会館にご連絡ください。
□使用取り消しには「キャンセル料」が発生します。
□既に納めた使用料(以下「既納使用料」)は、キャンセル料を差し引いてお返しします。
□『使用許可取消申請書』に必要事項を記入し、代表者押印の上、申請してください。
□また、既納使用料を一部お返しする場合は、『使用料還付請求書』が必要です。『使用許可取消申請書』と同時に提出してください。
□天災など使用者の責に帰せない理由などで使用できなかった場合、キャンセル料は発生しません。
□キャンセル料は、「『使用許可取消申請書』が使用予定日の何日前に提出されたか」で異なります。
[会館ホール]
・30日前までに提出=既納使用料の2割
・14日前までに提出=既納使用料の5割
[付属施設]
・7日前までに提出=既納使用料の2割
・3日前までに提出=既納使用料の5割

 

使用にあたって
☆使用前に          
 
1.事前打ち合わせ(会館ホール使用者のみ)
□会館ホールの使用者(以下「主催者」)は、使用内容について文化会館と「事前打ち合わせ」を、必ず行っていただきます。
□事前打ち合わせは、「使用日の1カ月前から10日前までの間」に行います。
□『舞台配置図』『当日のタイムスケジュール』『プログラム』『入場券』など、催しの具体的内容が分かる資料をお持ちください。
 
2.事前打ち合わせの主な内容 
□以下の内容について、お打ち合わせ・確認します。
・催しの内容<プログラム、進行台本など> 
・進行スケジュール<搬入、仕込み(準備)、リハーサル、開場、開演、終演、片付け、搬出の各時刻など>
・付属設備や備品等の使用<ピアノ調律含む>
・舞台技術者の確認
・主催者、関係者の動向<会場入時刻、楽屋割など>
・運営体制<運営責任者、会場責任者など>
・会場体制<入場整理、場内整理、警備、避難誘導、安全管理など>
・必要な会場スタッフ数の確認(後述)
・駐車場の使用
・その他 
 
3.会場スタッフ 
□使用に関して必要な人員(以下「会場スタッフ」)は、すべて主催者で用意してください。
□『会場スタッフ』の業務例には、「設営」「駐車場整理」「入場整理」「もぎり・受付」「ドア開閉」「場内整理」「放送」「接待」「片付け」などがあります。
□催しの規模や内容によって業務は異なりますが、余裕をもって対応できるようご準備ください。
□催し当日、特にご注意いただきたいのは、
「会場責任者」「もぎり・受付係」「ドア係」「場内整理の各業務です。
おおよその配置場所と最低数は、以下のとおりです。目安にしてください。
主な仕事 おおよその
配置場所
最低数
会場責任者   1人
もぎり・受付係 (ホール入口) もぎり付近 2人以上
ドア係 (東口1)
ドア係 (西口1) 西口1付近 1人以上
ドア係 (東口3) 東口3付近 1人以上
ドア係 (西口3) 西口3付近 1人以上
場内整理係   ホール内 1人以上
□催し当日は、開場30分前を目途に、上記の方と文化会館の係員とで『ミーティング』(後述)を行います。
  
4.技術者の増員 
□催しの内容によっては、舞台、照明、音響技術者の増員を必要とすることがあります。
□この場合、人員の手配ならびに経費は、使用者の負担となります。
 
5.関係機関への届け出 
□必要がある場合は、関係機関への届け出を行ってください。
・警備、防犯
 …都城警察署(℡0986‐24‐0110)
・火気使用
 …都城南消防署(℡0986‐26‐1104)
・音楽著作権の使用許諾
  …日本音楽著作権協会(℡092‐441‐2285)
  
6.駐車場 
□施設北側の「関係者駐車場」には、『3台程度の主催者車両』しか駐車できません。
□「一般駐車場」には約410台収容可能ですので、上記以外の主催者車両および来場者車両は、施設南側・西側の「一般駐車場」をご利用ください。
□関係者への周知をお願いします。
□なお、一般駐車場は、文化会館と併設する三股町立図書館との共用駐車場のため、使用時間帯によっては「別途、駐車場への誘導作業」が必要となる場合があります。その場合は係員の配置をお願いします。
 
 
☆使用日に          
 
1.使用の開始の申し出 
□使用を開始する前に、事務室へお越しください。
 
2.使用時間 
□使用時間には「搬入・仕込み(準備)」および「後片付け」を含みます。
□時間内に開始・終了させてください。
 
3.『運営責任者』の選任・配置 
□「運営責任者」を選任・配置してください。
□「運営責任者」は、催しの運営にすべての責任を負います。
□使用日、文化会館は「運営責任者」と必要な連絡をとりあいます。
□舞台進行や技術、設備、備品に関することは「舞台監督」へ、それ以外のことについては「事務室」へご連絡ください。
 
4.『会場責任者』の選任・配置 
□「会場責任者」を選任・配置してください。
□使用日、文化会館は「会場責任者」と必要な連絡をとりあいます。
 
5.『ミーティング』の実施 
□開場30分前を目途に、「会場責任者」「会場スタッフ(もぎり・受付係、ドア係、場内整理係)」および「文化会館の係員」とで、ミーティングを行います。
□ミーティングで、安全かつ円滑な進行について、必要な事項をご確認いただきます。
 
6.開場の確認 
□「開場」は予定時刻になったとしても、主催者の判断だけで「開場」はできません。ご注意ください。
□文化会館の係員が、開場予定時刻に先立って、舞台と会場の「安全確認」を行います。その後、主催者と協議・確認した上で、開場します。
 
7.使用上、守っていただくこと 
□次のことについて、守ってください。
・施設の定員を超えて入場させないこと
・使用許可のない施設や備品を使用しないこと
・立ち入り禁止区域に出入りしないこと 
・来場者の安全を確保すること
・所定の場所以外で飲食、喫煙をしないこと
・許可なく物品の販売や寄附金品の募集などをしないこと
・他人に迷惑をかける者、危害を加える恐れのある物品や動物類を伴う者を入場させないこと
・ゴミは持ち帰ること
・その他、係員の指示に従うこと
 
8.舞台周辺における注意 
□設備に関する操作はすべて、舞台監督など係員の指示に従ってください。
 
9.楽屋・会議室・練習室の管理 
□出演関係者の出入りは、主催者が把握・確認してください。
□楽屋・会議室・練習室の使用を許可している場合は、主催者(運営責任者)にカギをお貸しします。事務室でお受けとりください。
□盗難等について文化会館は一切責任を負いません。部屋を空ける場合など、施錠による管理をお願いします。
□カギは退館前に事務室へ返却してください。
□また、楽屋通路に『無料のロッカー(コインロッカー形式。使用後にお金が返却されます)』があります。ご自由にお使いください。
  
10.使用者責任 
□施設内および駐車場内で発生するトラブルや事故について、文化会館は一切の責任を負いません。主催者は、施設内および駐車場内の安全と秩序が保たれるよう、ご配慮ください。
 
 
☆使用後は            
 
1.原状回復 
□施設・備品を使用開始前の状態に戻し、係員の確認を受けてください。
 
2.損害賠償 
□施設・設備・備品を汚したり破損したりした場合は、ただちに係員に申し出てください。状態によって、修繕・交換・弁償をしていただきます。
□カギを借りた場合は、特に紛失にご注意ください。カギを紛失すると、ドアノブごと交換しなければなりません。
 
3.忘れ物・落し物 
□忘れ物や落し物は、事務室までおたずねください。
□拾得の届け出のあった落し物や忘れ物は、一定期間、事務室で保管しています。

詳しい内容はこちらをクリックしてください。(「三股町立文化会館 利用のご案内」ダウンロード)(PDF582KB)

PDF文書を見るためには、お手持ちのパソコンにAdobe Reader(アドビリーダー)をインストールする必要があります。下のアイコンをクリックしてAdobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。(無償です)
Adobe Reader
 

 


練習室
☆練習室の使用について
1.使用できる時間と区分 
□9時00分から22時00分まで
 ・用具搬入や仕込み(準備)、後片付けや搬出に要する時間も含みます。
□時間帯の区分は下記のとおりです。
区分 呼称 時間帯
午前 9時00分~12時00分
午後 13時00分~17時00分
夜間 18時00分~22時00分
午前+午後 AB 9時00分~17時00分
午後+夜間 BC 13時00分~22時00分
全日 ABC 9時00分~22時00分

   

2.休館日 
□毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
□12月28日~1月4日
※このほか、設備の保守点検・整備作業等のため、臨時に休館する場合があります。
 
3.空き状況の確認 
□電話(℡0986‐51‐3462)でご確認ください。
※「使用申し込み」は電話では行えません。
※確認できるのは「空き状況」のみです。使用予定の内容(申し込んでいる方や団体の名称、催し内容の詳細など)についての情報はお教えできません。
 
4.使用申し込みの受付期間 
 [付属施設]
□使用予定日の3カ月前の同日から前日まで
※付属施設のみの使用を許可した後、同時間帯に会館ホールの使用申し込み等が入った場合、付属施設のみの使用許可は取り消すことがあります。
 この場合、キャンセル料は発生しません。
 
5.使用申し込みの受付場所・時間 
□場所:三股町立文化会館 事務室
    (〒889-19011 宮崎県北諸県郡三股町大字樺山3404‐2)
□時間:休館日を除く9時00分から17時00分まで
 
6.使用申し込みの方法 
□『使用許可申請書』に必要事項を記入し、代表者押印の上、申し込みます。
□『使用許可申請書』は文化会館にあります。
□使用申し込みは先着順です。
□受付初日9時00分の時点で複数の申し込みがある場合は抽選となります。
  
7.使用料の納入・使用許可 
□施設使用料は「前納」です。申し込み後に発行する『納付書』で、すみやかに納入してください。
□納入確認後、『使用許可書』を発行します。
※『使用許可書』は「事前打ち合わせ」(後述)の際にお渡しします。なお、使用日にはご持参ください。
※付属設備と備品、および追加で使用した付属施設の使用料は、精算後に『納付書』を付けてお知らせしますので、納期限までに納入してください。
 
8.譲渡・転貸の禁止 
□使用許可は第三者へ譲渡・転貸はできません。
 
9.使用の変更 
□使用許可後、日時や入場料など、申込内容の変更を行うときは、すみやかに会館にご連絡ください。
□原則として使用者の都合による日時変更は、キャンセル料(後述)が発生します。
 
10.(教育委員会による)使用の取消・停止・変更 
□使用を許可した者(以下「使用者」)が、下記に該当するときは、使用許可後でも教育委員会が許可を取り消しまたは停止、使用条件を変更することがあります。
・条例、規則等に違反したとき・使用許可条件に違反したとき・虚偽その他不正な手段で使用許可を受けたとき・その他、施設の管理上支障があるとき
□付属施設のみの使用を許可した後、同時間帯に会館ホールの使用申し込み等が入った場合、付属施設のみの使用許可は取り消すことがあります。
 この場合、キャンセル料は発生しません。
 
11.使用者によるキャンセル 
□使用者の都合により、使用をキャンセルしたいときは、すみやかに会館にご連絡ください。
□使用取り消しには「キャンセル料」が発生します。
□既に納めた使用料(以下「既納使用料」)は、キャンセル料を差し引いてお返しします。
□『使用許可取消申請書』に必要事項を記入し、代表者押印の上、申請してください。
□また、既納使用料を一部お返しする場合は、『使用料還付請求書』が必要です。『使用許可取消申請書』と同時に提出してください。
□天災など使用者の責に帰せない理由などで使用できなかった場合、キャンセル料は発生しません。
□キャンセル料は、「『使用許可取消申請書』が使用予定日の何日前に提出されたか」で異なります。
 [付属施設]
 ・7日前までに提出=既納使用料の2割
 ・3日前までに提出=既納使用料の5割
 

 

☆練習室の使用上の注意
 
1. ホールの使用が入った場合は、使用許可を取り消すことがあります      
  あらかじめご承知おきください                  
□付属施設のみの使用を許可した後、同時間帯に会館ホールの
 使用申し込み等が入った場合、付属施設のみの使用許可は
 取り消すことがあります。
□この場合、キャンセル料は発生しません。
□ご理解とご協力をお願いいたします。
 
2.音が漏れないよう、ご注意を                   
□必要以上に大きな音量を出すことはご遠慮ください。
□使用中は常に二重の扉を閉めてください。
□入室・退室の際は、演奏や音を止めてください。
 
3.備品や施設は丁寧に                       
□ドラム・マイク・アンプ等はもちろん、壁や床も多くの利用者に
 使っていただくための大切な備品・施設です。
□壊さないよう慎重に扱ってください。
 なお、破損した際は事務室までご連絡ください。
 
4.MDやCD機器の使用は「有料」です                       
□MDやCD機器の使用は有料です。
 備品を追加して使用したいときは、事務室までご連絡ください。
 [MD・CD使用料=各540円]
  
5.来たときよりも美しく…                       
□原状復帰にご協力をお願いします。


詳しい内容はこちらをクリックしてください。(「三股町立文化会館 利用のご案内-練習室版-」ダウンロード)(PDF:141KB)

  PDF文書を見るためには、お手持ちのパソコンにAdobe Reader(アドビリーダー)をインストールする必要があります。下のアイコンをクリックしてAdobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。(無償です)
Adobe Reader

 
 


会議室

☆付属施設(会議室)の使用について
1.使用できる時間と区分 
□9時00分から22時00分まで
 ・用具搬入や仕込み(準備)、後片付けや搬出に要する時間も含みます。
□時間帯の区分は下記のとおりです。
[会館ホール・付属施設とも]
区分 呼称 時間帯
午前 9時00分~12時00分
午後 13時00分~17時00分
夜間 18時00分~22時00分
午前+午後 AB 9時00分~17時00分
午後+夜間 BC 13時00分~22時00分
全日 ABC 9時00分~22時00分

  ※付属施設=「練習室、会議室、楽屋等」

 
2.休館日 
□毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
□12月28日~1月4日
※このほか、設備の保守点検・整備作業等のため、臨時に休館する場合があります。
 
3.空き状況の確認 
□電話(℡0986‐51‐3462)でご確認ください。
※「使用申し込み」は電話では行えません。
※確認できるのは「空き状況」のみです。使用予定の内容(申し込んでいる方や団体の名称、催し内容の詳細など)についての情報はお教えできません。
 
4.使用申し込みの受付期間 
 [付属施設]
□使用予定日の3カ月前の同日から前日まで
※付属施設のみの使用を許可した後、同時間帯に会館ホールの使用申し込み等が入った場合、付属施設のみの使用許可は取り消すことがあります。
 この場合、キャンセル料は発生しません。
 
5.使用申し込みの受付場所・時間 
□場所:三股町立文化会館 事務室
    (〒889-1901 宮崎県北諸県郡三股町大字樺山3404‐2)
□時間:休館日を除く9時00分から17時00分まで
 
6.使用申し込みの方法 
□『使用許可申請書』に必要事項を記入し、代表者押印の上、申し込みます。
□『使用許可申請書』は文化会館にあります。
□使用申し込みは先着順です。
□受付初日9時00分の時点で複数の申し込みがある場合は抽選となります。
 
7.使用料の納入・使用許可 
□施設使用料は「前納」です。申し込み後に発行する『納付書』で、すみやかに納入してください。
□納入確認後、『使用許可書』を発行します。
※『使用許可書』は「事前打ち合わせ」(後述)の際にお渡しします。なお、使用日にはご持参ください。
※付属設備と備品、および追加で使用した付属施設の使用料は、精算後に『納付書』を付けてお知らせしますので、納期限までに納入してください。
 
8.譲渡・転貸の禁止 
□使用許可は第三者へ譲渡・転貸はできません。
 
9.使用の変更 
□使用許可後、日時や入場料など、申込内容の変更を行うときは、すみやかに会館にご連絡ください。
□原則として使用者の都合による日時変更は、キャンセル料(後述)が発生します。
  
10.(教育委員会による)使用の取消・停止・変更 
□使用を許可した者(以下「使用者」)が、下記に該当するときは、使用許可後でも教育委員会が許可を取り消しまたは停止、使用条件を変更することがあります。
・条例、規則等に違反したとき・使用許可条件に違反したとき・虚偽その他不正な手段で使用許可を受けたとき・その他、施設の管理上支障があるとき
□付属施設のみの使用を許可した後、同時間帯に会館ホールの使用申し込み等が入った場合、付属施設のみの使用許可は取り消すことがあります。
 この場合、キャンセル料は発生しません。
  
11.使用者によるキャンセル 
□使用者の都合により、使用をキャンセルしたいときは、すみやかに会館にご連絡ください。
□使用取り消しには「キャンセル料」が発生します。
□既に納めた使用料(以下「既納使用料」)は、キャンセル料を差し引いてお返しします。
□『使用許可取消申請書』に必要事項を記入し、代表者押印の上、申請してください。
□また、既納使用料を一部お返しする場合は、『使用料還付請求書』が必要です。『使用許可取消申請書』と同時に提出してください。
□天災など使用者の責に帰せない理由などで使用できなかった場合、キャンセル料は発生しません。
□キャンセル料は、「『使用許可取消申請書』が使用予定日の何日前に提出されたか」で異なります。
 [付属施設]
・7日前までに提出=既納使用料の2割
・3日前までに提出=既納使用料の5割


☆会議室の使用上の注意

1. ホールの使用が入った場合は、使用許可を取り消すことがあります      
  あらかじめご承知おきください                  
□付属施設のみの使用を許可した後、同時間帯に会館ホールの
 使用申し込み等が入った場合、付属施設のみの使用許可は
 取り消すことがあります。
□この場合、キャンセル料は発生しません。
□ご理解とご協力をお願いいたします。


☆会議室使用にあたってのお尋ね

1.申請にあたって、下記の事項についてお尋ねします      
  あらかじめご承知おきください                  
□会議室の使用申請の際、下記の事項についてお尋ねをします。
□施設内外で、物品販売、宣伝、陳列等の行為はできませんので、ご注意ください。
□虚偽の内容での使用申請に基づいた使用許可は取り消されることがあります。ご注意ください。

   

 下記についてお尋ねします。回答欄の該当する個所( □ )にチェックを入れてください。

お尋ねする事項 回答欄
1. 会議室に来場される方は、どのような方々が対象でしょうか?
(該当するもの、または準じるものをすべてお選びください)
□一般不特定
□得意先
□関係者
□会員
□その他(     )
2. 来場される方には、どのような形式で告知されていますか?
 (該当するもの、または準じるものをすべてお選びください)
□ダイレクトメール
□広告
□ポスター
□チラシ
□その他(     )
3. 来場される方から、「入場料」や「会費」、「受講料」、「負担金」、「資料代」またはこれらに類するものを徴収されますか?
(名称・内容:__________ 徴収金額:______円)
□は い
 
□いいえ
4. 申請団体(申請者)は、営業を目的とした会社、団体または個人事業主などでいらっしゃいますか? □は い
 
□いいえ
5. 会議室で、商品の販売や物品の買い取りなどで、金銭の受け渡しを行われますか? □は い
 
□いいえ
6. 会議室を、来場される方に対して商品の説明や紹介など、販売促進またはこれに類する目的を含んで使用されますか? □は い
 
□いいえ
7. 会議室で、来場される方に対して購入申込書やそれに類する契約書類の記入や、そのとりまとめなどを行われますか? □は い
 
□いいえ
8. 会議室を、会員の獲得や増加など、宣伝や普及またはこれらに類する目的を含んで使用されますか? □は い
 
□いいえ
9. 今回の使用により、申請団体(申請者)に、収益や利益が発生しますか? □は い
 
□いいえ
 
上記に相違ありません。また、会議室を使用中、会館職員が立ち入ることに同意します。
 
平成      日    使用者署名________________


詳しい内容はこちらをクリックしてください。(「三股町立文化会館 利用のご案内-会議室版-」ダウンロード)(PDF:101KB)

  PDF文書を見るためには、お手持ちのパソコンにAdobe Reader(アドビリーダー)をインストールする必要があります。下のアイコンをクリックしてAdobe社ホームページより、ソフトをダウンロードしてください。(無償です)

Adobe Reader